ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

年賀状を返したことがある << prev
next >> 斉藤優里

教室内カースト

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ヴァイシャだったな

  • いつも上の中だった(上上、上中、上下、中上、中中、中下、そして下々があった)

  • 成る程、言いたい事はたぶん判った

  • 地域別だった。僻地から通学している子ほど身分が低い。(成績とか、親の職業と全然関係ないところがほのぼのしている)

  • 親の職業と容姿と成績で決まってた。お父さんがパイロットでイケメンのアヤツは完全に上位階層だった。

  • 3階層くらいに別れてたような記憶がある。まあ特に問題もなかったけど。

  • 最下層です

  • ゆるめのカーストだったなぁ。

  • 通ってた私立小学校はけっこうキツかったです

  • そういう言葉じゃなかったけどあったよ

  • 親の仕事で決まるところあり。教師からの待遇が悪くなることも。

  • 女王な玲子ちゃんは高嶺の花だったっけ

  • School Casteという言葉は以前からアメリカにあります。Jocksを頂点に最下位がnurdとか。

  • 聞いたことある。中学、高校にもあるらしい。スクールカーストとも言う

  • そのうち惨事が起こりそうなんだよなあ。ジョックは全員立て!(マジキチスマイル)

  • 1軍、2軍、3軍、イケメン、ブサメン、キモメン。いま小学校のヒエラルキーはすごいらしい。

×
  • 3月のライオンという漫画で、ひなちゃんの学校のいじめ問題がまさにそう言う部分を言及しています。居場所は欲しいけれど、そこそこ派手じゃないグループでオタクっぽくない子と仲良くなりたいとか、そういう自分の位置決めってどうしても高校生くらいの子にとっては重要なのかもしれないよね。私もそう思う時期があったけど、クソ喰らえだなと思いました。

  • バラモンがいつまでもバラモンでいられるとは限らないんだなあって思った。

  • 教室内スカートと読んだので寝ます...

  • 35歳の高校生のやつしか知らんです

  • この場合双方向に下る(または上る)道ってあると思う。一元的な上下判断って不毛じゃないかな。

  • 教室内ストーカーかと思ったぺろ

  • カーストは生まれによって決まっていて変えられない。言葉の意図は判るけど、「教室」と結びつけるのはかなり無理。

  • スクールカーストならアメリカの高校で経験。私は辛うじてprepだった。

  • 海外投資だけでなく学校までインドブームなの?

  • そういうものには触らず染まらず

  • 「カースト」という呼び方は、マスコミが作った感じがする。教室の中でのヒエラルキー的な物は、昔からあった。他の方も書かれている通り「士農工商」と言っていた様な。「士農工商」は、マスコミとしては使用に関して要注意語だとかで言い換えなのだろう。

  • 日本は士農工商+賤民かと思ってた

  • 最下位層。でも更に下がいた。 

  • あんまりヒエラルキー的にとらえた事はなかったね。

  • ぼくバラモンだもん (冷)

  • カーストに属さない不思議ちゃんでした♪

  • 現代の日本にもカーストが存在したとは

  • そういう呼び方は無かったかもしれないけど、昔からランク付けや差別はあったよね

  • 勉強は出来なくても、明るくて面白い子は上位にいた。大人しくて運動も勉強もだめな私は下位だった。あんな狭い教室で下層は辛い

  • スカート内教室の方がよほど楽しそうじゃないか

  • 虐められる子は不可触賎民ってこと?

  • 僕の小学生時代なら士農工商のイメージの方が強かったかな。士=スポーツできるやつ・農=その他大勢・工=絵やらプラモやら創造的活動の得意なやつ(変わり者が多い少数派だった)・商=読み書きそろばんに堪能な勉強の出来るやつ(はやっかみ半分に嫌われる傾向があった)

  • 無い。そんなものは存在しない。現に教室内で居心地が悪い生徒達の実感を蔑ろにするのとは違う。「名を付けて呼びさえすれば既成事実化完了」にNOを呈するのだ。コトノハでも「一度Postされてしまえば、そう在るものと前提して回答が並んでしまう」風景を不気味に覚える事多々。恣意に対する抵抗。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
年賀状を返したことがある << prev
next >> 斉藤優里