ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

10以上の航空会社を利用した << prev
next >> 田沼徹浩

「頑張っていれば、いつか報われる」「持ち続ければ、夢はかなう」そんなのは幻想だ。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • でもそれで踏ん張れることもある。

  • その心意気は素晴らしいけれど、全部が全部という訳ではないだろうね。残念ながら・・・

  • 現実の厳しさを痛感した

  • 穴の開いたバケツに水を注ぐ様なイメージ。しかもその穴はだんだん広がってくるんだ。それでも水を注ぎ続けられる者だけが手にする栄光なのかなと。

  • そう思ってる間に死んでしもうたらどないすんねん!?

  • 報われているはずの未来が見えない

  • しかし、頑張らなければ報われないし、持ち続けないと夢はかなわない

  • 残念だけどね。希望はもちたいが。

  • でもサンタさんはきっと来てくれる...

  • +αしなきゃ変わんないね。

  • うん。でも、できると思ってやらなきゃ、できない。

  • それでも少しがんばってしまう

  • 誰もが報われるわけではないよね。普通の人がどんなに努力しても才能や素質のある人が「さらに積み上げた努力」には叶わない。でも、努力が全部無駄っていうこともないと思いたい。

  • 夢はかなうと言い続け人生を棒に振ってしまったような人を何人か知ってる。自分の適正や現実の厳しさを知るには経験が必要で、そういう経験が不足してる人だけが見ることのできる幻想だろう。

  • それもよくない幻想。そうとは限らないことから目を背けるなんてのは努力不足それ自体。

  • もちろん幻想ですが、それを理由に頑張らないというのは無しです。

  • 必ずしも報われるわけではないので○。しかし、宝くじよりは、はるかに確率は高い。

×
  • 継続する時間が長ければ実現する確立は上がる

  • まあそういうなよ。

  • そんなことないお。 来世で叶うよ(´∀`)

  • そうだよなぁ、特に今しがた夢を放り投げてしまった後だからこそ共感できます。

  • まぁ幻想でいいんじゃないか

  • ただ、持っていない夢を叶えることはできない

  • 何らかの頑張りはそれに見合った報いが訪れ、夢を持ち続けることでそれに見合った現実が訪れます。大事なのは頑張り方と夢の見方。これを間違えるからまるで運命に振り回されるような人生を送ることになります。サイコサイネバティクス理論というのもあったっけ。

  • その2つの文に「必ず」とか「絶対」とかが入っていたら○にした

  • でもそうとでも思わなきゃやっていけないこともあるよねー。\(^o^)/

  • 私は頑張って夢を叶えたよ。でも、夢を持ち続けても、何もしなければ叶わないとは思うけどね。それに夢が叶っても大変な事や辛いことを続けないと維持できない。

  • 頑張っても叶うのは十人に一人。全員叶ってちゃ夢は夢でなくなる。でも頑張んないと叶わないの。

  • 頑張って報われたことはあるし報われなかったこともあるから、なんとも言えない。持ち続ければ~は○で

  • 普通に報われる。「持ち続ける夢」とは何かを追求しなければ幻想に終わるだけだお

  • ただ頑張ったり夢を持つのではなくプランB、Cを最後まで考え続けなければ、体は頑張っていても頭は諦めているようなもの。

  • 死ぬその日まで頑張って生きてきてそれでもなお報われず、とうとう死ぬと決まったその瞬間になって初めて言え。

  • 雨乞いの話を思い出す

  • 頑張って報われたことあるよ。

  • いつか必ず報われるとか、夢は必ずかなうだったら幻想だけど

  • 運では報われることはないと思います。。

  • 不安も現実になるから想いが強いと叶うんじゃないかな

  • 宝クジは買わないと当たらないからね

  • 内なる努力と外なる交流。多視点的バランス努力こそ報われる。

  • 努力しても報われるとは限らない、だが成功した人間は皆努力している・・・とか言う言葉が思い浮かんだ

  • 報われることが多く、夢がかなうことが多いだけ。

  • いつかは叶う。問題は寿命が間に合うかどうかだ。

  • いろんな人がいるからすべてが◯ではないだろう。がんばらなくてもうまくいくときもあるし。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
10以上の航空会社を利用した << prev
next >> 田沼徹浩