ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

トイレに流せる紙おむつ << prev
next >> 長崎

ガルシア・マルケスといえば作家→○ 鞄→×

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 鞄は知らない。作家のほうは「・(なかぐろ)」ではなく「ガルシア=マルケス」と表記されてるほうが多いような

  • 好きな作家の一人。……いつ鞄に??

  • 『百年の孤独』読もうとして挫折した。

  • 「エレンディラ」が好き。ファッションブランドの方、知ったときびっくりした。日本ブランドなんだよね。イメージ全然違うのに何でこの名前にしたんだろう?

  • エレンディラが大好き。鞄や服は好みの系統じゃないなあ・・・

  • 登場人物の名前が覚えにくい

  • 「百年の孤独」の原書と格闘中。

  • 「愛その他の悪霊について」が一番好き。これまでの人生で読んだいろんな小説の中で最も好きだと言ってもいいかもしれない。つかガルシアマルケスって、ブエンディーア家みたいにあっちはおなじ名前のひといっぱいいそうだからたまたまおなじ名前のデザイナーなんだろうなとか勝手に思ってたんだけど、これドメブラだったのな。調べてみたらブランド名の由来もふざけた由来でなにそれって感じ。ここの社長には百年の孤独百回読めと言いたい

  • ボリバル研究のために『迷宮の将軍』を読みたい。『百年の孤独』も

  • 「コレラの時代の愛」を昨年読んだ。その時は「ふうーむ」という感想だったが、今はいろんな思いがあり過ぎて言葉が出てこない。

  • 百年の孤独のが先に頭に

  • 読むと凄い映像が浮かびます。

  • 息子の映画監督がすきなんです

  • こっちだ、こっち。

  • 「百年の孤独」は当然として「誘拐」は名作

  • どっちも知ってるけど実際触れた(読んだ)ことがあるのは○

  • 作家しか知らなかった。

  • 『百年の孤独』はいい小説だと思う。『族長の秋』を読んでみたい。

  • 樋口了一さんは 「エレンディラ」 から想を得て同名の曲を作った→本は ちくま文庫

  • 百年の孤独といえば焼酎ではなく小説。

  • 好きな作家の一人です

×
  • こっちしか知らなかった・・・

  • ぱっと思いつくのはこっち。でもどっちも特に好みでない。

  • 年甲斐もなく使ってます。

  • ガルシアといえばタコのオリーブオイル炒めしか思いつかない。

  • そんな作家はしらない。

  • どちらかといえば。

  • ガルシアは服やじゃないのか?

  • 最近こっちのイメージが。持ってないけど

回答したユーザ
トラックバックURL:  
トイレに流せる紙おむつ << prev
next >> 長崎