ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

唯梓 << prev
next >> ギャップ・イヤー

目に見えているものが真実だとは限らない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 脳の画像解釈は正しくないこともある。言語解釈と違って世界共通ではあるけど。

  • (*´∇`)でもきいて!皆様が鏡や通帳を覗きこんだ時はそれが真実よ…!

  • 真実を人間の知覚以外のものも想定してそれひっくるめて定義したらそんな感じなんでしょーか。あー鳥そぼろ食べたい

  • 情報操作とかありますしね

  • 鮭そぼろ>真実 真実なんてその程度のものさ。あとどちらかといえば鶏そぼろの方が好きだ。

  • 例:「口に出さない本音」

  • 真実は大抵目に見えているかいないかとは関係なく決定している気がする

  • 錯覚とゆう物ですね?鮭そぼろ一時ハマりました

  • そもそも真実とは何かに突き当たるけどね。電波は目に見えないので、その鮭そぼろの感覚は電波で送り込まれたものかもしれません。

  • 私が見て捉えた情報と、他の人が見て捉えた情報が違う場合はあり得るわけだから、どちらが真実かなんて決められない。

  • 政治家とか特にそうだ

  • 今この画面を見ている人は意識せずに情報の取捨選択をしてる。ディスプレイの外の情報はシャットアウトしてるはず。脳は世界の存在の有無と無関係に結局利己的だ。脳科学が進めば確かに主の言うような脳を騙す仮想現実は実現すると思うが、他者との関係性のおかげで存在の共有を疑わずに生きていけるはず。実証主義者で存在論が好きな欧米人と違い、日本人ならsee、look、watchとこだわらずに見えない真実に時間を割こう。

  • 目の錯覚もあるし、トリックを使われている事もある。又、人間の目に見えない微生物だって存在している。

  • 鮭そぼろが美味しいというのは目で見ても分からない、、そうつまり真実とはそーいうことですよ

  • 鮭そぼろがピンク色だとは限らないのですね

  • 色不異空 空不異色 諸法実相 考えるな、感じろ

  • 事実は多角的に存在し、それらすべてをあわせもったものが真実。1は全 全は1みたいな。見えてるものでもあり見えてないものでもあり。

  • しかし、目に見えていないものを真実、運命だと言い切る商売(宗教、占い)もあまり好きではないです。

  • 同じことをしているから一括りに同じように解説したりするが、その真意はその人に聞いてみる(きちんと100%説明できるかもあるが‥)しか解らないような? あっ、蜃気楼で見えている所に物が存在しないとかいうことか?

  • そりゃそうだ

  • 網膜上に映った像として脳が視覚情報を認識できたとしても、それは突き詰めれば電気信号のシグナルでしかない。じゃあ実際外界にものが「存在」するかどうかは、あくまでも生物の感覚器官の上でしか認識できない、ってことなのか?人間の感性や感覚ってどこまで論理的に分解、その物質的な形にまで還元できるんだろう?これが謎で謎でしょうがないんです。ぜひ、ご意見をお聞かせ下さい。あと鮭そぼろっておいしいですよね。

×
  • あなたは見えているものを全て認識している?またその逆も然り。見えない空気を読む?人間なんて不完全。だから言葉で伝えようじゃないか。

  • 目に見えてる物が脳の理解を越えたものだろうと、見えた事実に変わりは無い。なんであれ必ず真実の一部。屁理屈っぽいけど。

  • しらーんわからーん。一点だけ質問、カメラのレンズに捉えられたものは真実なんでしょうか。

  • 真実とは何かという面倒な話もあるけど、とりあえず個人的には存在+意味(本質)という感覚。意味を付与するのは個人であり、自分で見て触って意味を付与した物事は自分にとっての真実という事でいいと思う。例えば鮭そぼろは美味しいけども、ボクにとっては「ごはんのおかず」としての本質がなければ少し塩辛い。と考えると当然意味を付与するとか、ごはんと鮭そぼろの割合という曖昧な部分で個人差が出てしまい、人の数だけ真実があるという状態になってしまうけど、そこの差を表現する為に絵画や音楽があるのかもね

回答したユーザ
トラックバックURL:  
唯梓 << prev
next >> ギャップ・イヤー