ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

昔はかなりの悪だった。 << prev
next >> ネットとリアルでキャラが違う

2011年「今年の漢字」は「絆」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • それは覚えてるけどその年まで原子力発電のことを知らなすぎた。

  • 外国から、アラバスタの別れのコマの絵と共に「PRAY FOR JAPAN」の文字が書いてある物を震災直後に見かけて泣きそうになった。

×
  • 「水」なのではないかなあと。

  • やっぱなあって意味で

  • 無難すぎて、実感がわきません。

  • 震災関連の美談が報じられることで、人心の荒廃が激しい日本社会の現状がより強調された一年だったと思います。なので、今年の漢字としての「絆」には空虚な印象しか感じません。

  • 『核』で良いよ。上辺や作った奇麗事の絆なんてちゃんちゃらおかしい。

  • 「絆プロジェクト」を推し進めるTBSの陰謀だ!などとありもしないことをのたまってみる

  • 被災者そっちのけで「絆」って盛り上がってたような・・国のトップからして喧嘩ばっかりで絆とは無縁だし。噴火に地震に台風の年だったから「災」かな。

  • うーん、確かに流行語の一つではあるけど、振り返るほどに虚しさを覚える。震災をきっかけに離婚した人も多いと聞くし、絆にまつわる美談もあまり耳にしなかったな。

  • 何だかなぁ、今さら言われても(幸せの押し売り?)という感じ、未婚の私は特に‥

  • なんか、無難すぎる。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
昔はかなりの悪だった。 << prev
next >> ネットとリアルでキャラが違う