ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

車窓にダムが見える。 << prev
next >> もつ煮の臭いが嫌い。

生麩

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 原料を茹でて製品にした生麩(なまふ)、原料を焼成した焼き麩(やきふ)、中華料理などで使われる原料を油脂で揚げた揚げ麩(あげふ)、原料を煮た後に乾燥させた乾燥麩[2]があり、それぞれ食感が異なる。煮物・汁物・和え物や、すき焼きなどの鍋物の具、沖縄料理の炒め物の材料としても多く用いられている。秋田などの東北地方の一部や北海道の一部ではラーメンの具として用いられている[3]。また、近年では滋賀県の一部でもラーメンの具として用いられている。京都においては精進料理の材料の一つとして重用されるほか、京料理としても利用

  • 未食、でもとても食べてみたくなった

  • 麩の菓子は駄菓子の「ふ菓子」位しか知らないけど、これは美味そう。食べてみたい。

  • 京都の餅麸が好き。

  • 昔から好き。特に手毬麩とよもぎ麩。

  • 生麩まんじゅうも生じゃない麩菓子も好き

  • 京都や金沢で生産される。小麦粉のグルテンを蒸したものが生麩。よもぎ麩や粟麩を炙った麩の味噌田楽も美味しいが、茶碗蒸しの飾りに入れたり、お吸い物や鍋物のアクセント、鍋焼きうどんの具にも使われる。おでんに入った粟麩も美味しい。金沢の郷土料理、治部煮にも生麩が使われる。京土産の麩饅頭は、生麩で漉し餡を包んだ物。精進料理にも欠かせない。生麩は竹輪麩とは全然食感が違う(個人的に竹輪麩はモソモソして苦手)。一般的に「麩」と言われているものは、グルテンに小麦粉などを加えて焼いて乾燥させた物。

×
回答したユーザ
トラックバックURL:  
車窓にダムが見える。 << prev
next >> もつ煮の臭いが嫌い。