ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ネット上で本名を使うことに抵抗がある << prev
next >> パナソニック製(ナショナル・松下電工時代...

何も見ないでも、昔話「さるかに合戦」を、つじつまが合う程度にお話しできる。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 百姓を無下にした独裁者への一揆の物語。因果応報ですね

  • 猿に虐められたので、被害者の蟹とその他の愉快な仲間達がグルになって、加害者の猿に復讐する物語

  • 「さるかに合戦」は大丈夫。「かちかち山」が分からなくなって、こないだネットで調べた。

  • 牛糞も参加で

  • ところで、何で臼に意志があるの・・・どう考えても、あれは臼投げてるよね・・・

  • ピタゴラ装置発祥伝説。

  • 「早く芽をだせ柿の種、出さなきゃハサミでちょん切るぞ」これは恐喝をするカニに対して柿が自分の実を猿に投げさせて仕返しをするというお話。後日談としてカニの子が仲間を集めて、あろう事か柿に利用されただけの猿に仕返しをするという話がつくこともある。恨みの連鎖を解りやすく説いたお話である

  • 猿が蟹に柿採りでいけずをしたので、、、友達の臼とカチ栗と蜂とかいろいろ知恵を出し合って仕返しをしたってお話。

  • 職人さん?金型?踏んだ?だけど‥、仲間を集めて懲らしめる話‥

  • 猿「あの蟹さえ始末すれば、もう俺の勝利かと思っていた…だが甘く見ていた…真に恐ろしいのは…!この臼の方だったッ!」

  • 貧困と暴力、さるの独裁政治に対して立ち上がったカニ。それに同調するかのように集まる仲間たち。いま、天下分け目のさるかに合戦が始まる!!構想100年。映像化不可能と言われ続けていた伝説のストーリーがいま甦る。coming soon ,

×
  • ↓かーらーのー?(元気にしてるかー)

  • むかしむかし、さるとかにがいました。さるは芝刈りに・・・

  • どっちが酷い目に合うのかすら忘れた

  • かに「蟹光線!!」 そしてさるは去る。 かに勝利。

  • 余裕だろと思ってたんだけどな・・・おもに石臼しかおぼえてないや

  • 蟹がおにぎりを投げ…え?

  • つじつまが合う話は苦手です

  • 猿が蟹に柿投げるんじゃなくて?

  • 猿とカニが登場することしか記憶にない。。

  • 「じゃあ、ここに蟹さんが居てぇ」「ひゃあ///そこはお尻だよう/////」

  • えっ、話を全く思い出せない・・・

  • 元の話はかなり残虐だったと思うが、忘れてしまった。

  • たしか、職人さんが金型を踏んだからあの形になったんだよね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ネット上で本名を使うことに抵抗がある << prev
next >> パナソニック製(ナショナル・松下電工時代...