ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

Microsoft PowerPoint << prev
next >> 本物の海を見たことがない

表現の自由には制限があるが、内心は完全に自由だ。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 表現の自由とは、ざっくり言えばクソみたいな発言でも自由に言える権利という事。だから、その内容云々を議論するのは不毛。もし内容について議論したいなら、表現の自由とは別に「モラル」という座標軸で議論すべき。

  • 誰も見てない聞いてない

  • そうでないとかなり不自由だ

  • 内心の自由に干渉できたら超能力者だ。

  • (*´∇`)引き立て役の皆様ごきげんよう、…ってハッ!!うっかり表現しちゃったの、許してタ・モーレ

  • ※ただしこの回答においては、「自由」が常に何かに縛られている可能性を否定しません

  • 自分の脳内妄想にド赤面する毎日です。

  • いかなる形であろうと表に出したら「内心」に留まらずに無意味だろうが。

  • 抑えてばかりじゃしんどいぜ?

  • 表に出さなければおkなんじゃないかと

  • 少なくとも後段はわざわざ×という気が起きません

  • 内心は自由の割に、「制限かけられた中で培い整ってきた価値観」というジレンマ?

  • 頭の中ではスリッパでパコーン!と頭叩こうが打首獄門にしようが完全に自由だ〜!!

  • 完全な自由ってものをおれは知らないんで素直に答えれば×だけど、ここで言う自由って「1+1=1だと頑なに思い込む自由」程度のものっしょ。高確率で大損するけどそれでも泣かないなら。

  • 社会的制裁や孤立を恐れなければ表現も又完全に自由だとは思うけどね。

  • 「人の思考が読み取れる装置により、人々の思考が監視され、反国家的な思考を持っている人は処罰される。」という設定のSF小説を読んだ事があります。

  • それを自由と呼ぶのに抵抗はあるけど

  • 思想及び良心の自由は我が国の憲法によって完全に保障される。表現の自由は公共の福祉を実現するために制限され得る。

  • 個々人が何を考えようとも自由だが、共産ババアがそうであるように、日本の体制を崩壊させるべく活動するといった犯罪分子は殺されても文句は言えないw

  • 確かに。でも考えてることがわかる人が世の中にはいるんだろうね

  • どんなに酷い思想でも、思うだけならタダ。人間の想像力の限界を考慮しなければ、少なくとも可能性の上では内心は完全に自由の筈だ。内心誰かをバカにしても誰も傷つかない。

×
  • ”内心は性的にも完全に自由だ。”の間違いじゃないのか、恥知らず。

  • そもそも、ここでいう自由とは何ぞや。

  • 私の内心は自由ではない。

  • こういうことに興味があるなら、つ木村草太「憲法の急所」国旗伴奏拒否事件など該当箇所。事案は大爆笑ものだし、解説もわかりやすいです。おすすめの1冊。

  • 「完全」な自由では無いなぁ。様々な「束縛」がある。

  • 思っている事が勝手に顔に出てしまう自分には、意地悪な事を考えるのにはあまり向いてません

  • 心の自由も何かの代償を覚悟して闘って手に入れるものだと思ってます。

  • 超自我さまが見てる。

  • 完全にだとは思えない。そう思えないってことが自分にとっては不自由なことかもしれないな。

  • 自由だけど考えちゃいけないこともあるんで自分成りに制限をする必要がある。

  • そうかもしれない、でも悪い思いばかりしていると何かの折にそれが出てしまうかも・・

回答したユーザ
トラックバックURL:  
Microsoft PowerPoint << prev
next >> 本物の海を見たことがない