ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

はぁ。そうですか。で一日過ごした。 << prev
next >> 2011年11月11日11時11分11秒に何をしてい...

動物を殺処分してる人を責めたり、批判することは誰にもできないと思う。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 殺処分する保健所等の職員を責めるわけないじゃん。動物を殺す嫌な仕事してるワケだから感謝したいくらいだ。ただ、ペットを捨てることが殺処分だって言い方するなら俺だって×に回るよ。↓

  • では、「そう思うならあなたが飼ってあげたら?」と言われたらそれも、嫌なんでしょう。だから、責めるなら、殺処分してる人じゃなくて、捨てる人を責めるべきですね。

×
  • 批判して改善する様にしないと、その人たちの責任でないにしても・・

  • どこまでが「している人」なのかと「殺処分」の内容も関係するのでペケに。例えば「野犬・野良猫の死体を政府が高く買い取る」って政策を公約した政治家や支持者なんて立場の人には普通に批判も賛意も言える。もしもみんなの要求でやっているお仕事なのに、その実行者だけを「殺処分している人」と考えるのならそりゃ無責任だと思うんで。

  • (場合によっては責めざるを得ない可能性もあるので)こっち。だけんど、いくら叩いたところで根本的な問題は解決しないから無意味。ペット動物の場合、今は圧倒的に需要<供給で偏ってしまっている。・・・話を聞いてくれそうな相手ならば「あなたは自らの手で殺すことができますか、」と必死になって説得をすることもある。昔こんなことを言っていた職員さんがいた。今、彼は元気だろうか。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
はぁ。そうですか。で一日過ごした。 << prev
next >> 2011年11月11日11時11分11秒に何をしてい...