ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ボルトフライングで失格 << prev
next >> 用もないのに呼びつけられる

キビャック

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
×
  • 食べる人も文化も否定しないがそういう食生活に無い人が最初の1歩を踏み出すのは大変だよなぁ。自分も出来る自信は無い。癖ある食品は慣れると美味いんだけどね。

  • 美味そうなのはテレビで観たのでなんとなくはわかりますが

  • 無理だなー。幼少の頃から野性的な生活をしてれば抵抗なさそう。でも何故その製法に行き着いたのか。

  • なんというか罰ゲーム的食べ物を想像

  • どういう経緯でそういうことするようになったか気になる

  • 北極圏で作られている発酵食品。故・植村直己さんの好物でもあった。東京農大小泉武夫先生の著書によると、アザラシの皮袋にウミスズメの一種アパリアスを羽根もむしらずにギュウギュウに詰め込み、地面に穴を掘り海鳥を詰めたアザラシを埋め込み、上から石を乗せて漬け込む。食べる時は、アザラシの肛門に口をつけて溶けたアパリアスをすするらしい。ニオイは強烈に臭いとか。2011/08/28NHK総合で「日本人イヌイット」で実際に作って食べていた。アザラシをナイフで切って中身を出していたけれど。食べたいとは思わない。

  • 他の発酵食品同様慣れたら病みつきになるらしいが一歩踏み出す勇気がない

  • 口の周りを血だらけにしながら食べている子供さんを見たが・・・・食える自信が無いのだがコレって「もやしもん」に出てきてなかったっけ?

  • うひゃあ、これはちょっと遠慮しときます。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ボルトフライングで失格 << prev
next >> 用もないのに呼びつけられる