ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

日本医師会 << prev
next >> 江戸時代や戦国時代(ちょっと危ないけれど...

派遣社員を入れる理由はほとんどが経費上の理由から、だと思う。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • あとカンタンに切れるってこともあるな。

  • 後、保険も要らないし、クビを切りやすいからってのもある

  • 安い賃金で働かせ、必要なくなったらすぐにクビにできる。派遣社員ですらない34歳無職の共産ババアは、その独善性と反社会性を矯正しない限り雇用されることはない。共産党に入るとババアのような無職の屑が出来上がるw

  • 同じような仕事をしてもらうのならアルバイト・パートを自社で雇う方法もありますが、それすらできないときに派遣の人を入れるのでしょうね。

×
  • 護送船団方式で人を大事にされてきた時代から、経済優先で(技術を持った派遣要員などと言うが)簡単に人を切れる調整要員でしかない‥

  • いつでも切れるから、に一票

  • 社員の給料+社会保険料+労働保険料+管理コストの合計が派遣会社を通した場合の経費と同等なら消費税の節税効果があります。正社員の給料に消費税はかかりませんが、派遣会社を通すと外注費となるため消費税がかかります。会社が納める消費税は売上に含まれる消費税から経費に含まれる消費税を引いた額だからです。他に社員を一旦解雇して独立させ、下請けとして使う方法もあります。

  • 仕事量が減ったときには、いつでも切れるから。派遣会社を通した場合、月々の経費は正社員より高い。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
日本医師会 << prev
next >> 江戸時代や戦国時代(ちょっと危ないけれど...