ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

さぁさみんな行くでござる、狩りに行けよ... << prev
next >> 〇パンツ脱いでからウンコする×ウンコして...

依存症とか言うけど、何にも依存してない奴の方がむしろおかしくね?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • まったくだ。

  • 所謂「程度の問題」というやつで

  • うん。「ひじょーに好きなものがある」「異常に好きなものがある」ただ何にハマるかの違いだものね(社会的にウンヌン略)

  • 食べ物みたいな生きるのに最低限必要なもの以外で「これを失ったら私は生きていけない」ってレベルの執着は依存症のようなものかな?だとしたら、そういうものひとつも持たない人生の方が不自然だ。

  • 度が過ぎると症になっちゃうんだろうね

  • おかしい。だから「程度」なんだよね、問題は。あと言葉づかいとね。

  • 何かに依存してないと生きてけないというのはとても不便だけれどねえ

  • イチローだって野球依存症でしょ。あれ取ったらいても立ってもいられないと思う。ネット依存と何が違う?仮に何も依存しない奴いたとしたら、すげーつまらないと思う。

×
  • 「パンは危険な食べ物」とか云う詭弁ジョークを連想。 // ○側Post主の挙げるイチローは例として不適。引き合いに出すなら近所の草野球のオッチャンで足る(それでも依存の全面肯定はしない)。態々一流選手を引っ張り出すのがバイアス。人間の(多くは努力を要する)精神活動を悉く「依存」と一括するのは違う。嫉妬こそすれ、それなら嫉妬と言うべきだ。イチローは野球をしなければ単に普通の人であっただけ。

  • 「水依存症」と「水に依存した生活」は同じ意味じゃない。

  • 「依存」と「依存症」はちと違うんじゃない? 依存症はやめたくてもやめられない。

  • もうすでに日常生活に支障をきたしていて、自分の意志でやめようとしても失敗してしまったことがある、というのが依存症の大体の定義

  • やめたくてもやめられないのが依存なんだろうから。

  • コーヒーうま~ さて、するか!

  • 依存症っていうのは自分の意志で止めることが出来なくなった状態を言うんですよ。たぶん。何かに依存したら依存症ってことではないのですよ。

  • 極論、日本人はみな、米に依存してることになるな

  • 私は甘いものを(ほぼ)毎日食べる習慣がある。しかしこれを「依存」しているのかどうか、と聞かれたなら・・・しばらく考え込んでしまう。

  • まあまあまあ、そういう人もいるということで。

  • 依存症は依存の度を越したもので拘りとは違う‥

  • ちょっと違うと思うけど、そう考えたら少しは楽になるかもね

  • 依存症というのは、ハマる事によって精神面や生活面に異常をきたしている状態をさすんだよ。収入などなんらかでプラスに働いていれば依存症とは言わないな。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
さぁさみんな行くでござる、狩りに行けよ... << prev
next >> 〇パンツ脱いでからウンコする×ウンコして...