ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

褒められたときどんな反応をすればよいか... << prev
next >> ○と×、どっちの形が好き?

真に相手の立場になって考えれる人はいない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 人間だもの

  • 本人じゃなきゃ難しくない?

  • 「真に」という言葉で「貴方にとって一見それらしいものは全て偽物」と定義されている。よって、反論の余地無し。

  • 軽い気持ちでならできるけど

  • そんな気がする。

  • 「真に」の意味がよくわかんないけど、自分は他人に絶対なれない。

  • まず脳が違うからね、同じ信号を受けたとしても

  • (*´∇`)わたくし、綺麗事ぬきにしてやはり貧しい苦しみを知らないの。身をもって経験しないとわからないのよね・・・だから悲しいかなわたくしは皆様の立場になって考えられないみたい・・・ああ、私どうしたら・・・

  • 真に本当にってのは不可能性

  • そらそうだ、他人だもの。どれだけ歩み寄ろうと思えるかどうかだと思うのね。

  • 本当の気持ちは本人しか解らない。経験もないのに「よく解るよ」という人も信用できない。親身に相手を理解しようとする気持ちだけは解る。

  • Post主のコメントにあるような意味で、「真に相手の立場になって考えられる」必要はない気がする。というか、ない。

  • 相手の立場がどうのってのは誠実さに欠ける欺瞞ですね。僕は正直に自分の利益に誠実と言います。

  • 相手の立場になるというのは、相手の立場で考える(第三者の思考)だけではだめだ相手の立場にたちさらに相手の思考に完全になって初めて真の相手の立場になって考えれる人と言えよう。

×
  • ら抜き指摘だけで良いや。繰り返しだから。その上「真に」と来たもんだ。

  • 「分からない」というのが答え。なぜなら、仮に居たとしても「真に相手の立場になって考えられているかどうか」を確かめる手段がないから。raurublockさんの言うことは「原理的には」可能かもしれないが、現実的には不可能。   また、「いない」ことを調べるには、全世界に1人もそういう人間が居ないことを調べる必要があるが、それも現実的ではない。

  • 相手以上に相手の立場に立ってしまう人も。

  • 十分高速な計算機と精度の高い測定器を用意して、相手の脳細胞の状態を全部読み取ってシミュレーションかければ、原理的には可能

  • 考えるだけなら出来る。

  • 自分以外の考えてることなんぞわからん

  • 本当にそうでしょうか?

  • 本当に居なくなった時に初めてわかる事

  • 相手の立場という条件に自分を置くことを仮想出来ればこの場合達成といえる。「真に」に手前勝手な理想を仮託しなければ、の話だが。

  • 精神的立場の把握が色々な意味で困難な結果、物理的立場の把握のみに止まりざるを得ない事は確かに多いが、「真に」とは「完璧に」という意味ではなく「立場の本質を認識する事」だという個人的見解から不可能とはまるで思わない。

  • 相手の立場になって考えれる人はいるでしょう、思考は違って結果も違うかもしれないが‥

  • まずは自分が考えられるひとにならなくちゃ。

  • 話を重ねて、重ねて。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
褒められたときどんな反応をすればよいか... << prev
next >> ○と×、どっちの形が好き?