ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ミミックオクトパス << prev
next >> 昔の自分は邪気眼を持っていた

現代文(現代国語)という科目がよく分からない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 頑張って余白うめても×になるから悲しくなる…

  • 本当によくわからないので勉強する気にもならないし、国語の試験は古文と漢文で点数を稼いでいた。

  • 確かに昔、文章の感想に対して妥当なもの選択肢から選ぶという行為に対して嫌悪感を持った。

  • 何となく分かったくらいで受験を迎えたので。入試では会心の出来だったが。

×
  • 評論より小説のほうが読みやすい

  • 既に小林ジャス子さんやよさくさんの書いた通り。古文や漢文は散々でしたよ

  • え、だって問題文の中に答え書いてあるじゃないですか…評論文が特に好きでした

  • 一番良く分かる。//小林ジャス子さんと同見解です。結局のところ文法以外のものはほぼ問われてない。///キーは「問題文」のほうをよく読むことですよね。

  • 古文と区別するためのもの。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ミミックオクトパス << prev
next >> 昔の自分は邪気眼を持っていた