ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

純情パイン << prev
next >> オカリナ

骨董

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 北区の如月骨董品店。忍んで安心亀急便で通販も出来ます。

  • いくつか持ってて、実際に使うよ。活用度ナンバー1は、直径15センチ位の深皿だな。一枚3000円位。あまり使わないけど、時々活用は20センチ強の平皿。10枚7万円。全く使わないのは、柿右衛門の菓子鉢。26万円。その他、茶箱、茶入れ、茶碗等を所有。昔、田園調布の骨董屋(陶幻堂、もうないよ)で買ったものが主流だ。

  • 骨董品(こっとうひん)とは、希少価値のある古美術や古道具のことである。どのくらい古いものが骨董品とされるかの明確な定義は、1934年にアメリカ合衆国で制定された通商関税法に記された製造された時点から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品が唯一であり、欧米各国におけるアンティーク(骨董品) Antique の定義もおおむねこれに従っている。日本語でいうところの骨董には、もともとは「希少価値のある」「アンティーク」的な意味があったわけではない。日本国語大辞典によれば、「希少価値や美術的な価値などのある古美

  • 見るだけなら・・・とてもじゃないが手が出ない

  • 古く安いものを実用としてます。古伊万里の蕎麦猪口をグイ呑みに使ってます。。

  • 時の流れを感じるもの

  • 興味はあるが、目利きに自信が無い。

  • 1920年代製のサックスを…

  • たまにはいいと思うが価値はわからん。

  • 骨董市に行きたくなる時がある

  • 難しい事は解らないけどお店を覗いたりするのは好き

  • 新しい物より古いものに心惹かれます

  • 市に行くと楽しい。

  • 目の保養。実際は高くて手が出ないけど

  • 良いと思うけど高いお金を出す気はしない。

  • 通りは良く通る

×
  • あまり興味がありません

  • 曰く付き行灯。

  • よくわからない。鑑定の番組とか見ても全くわからん

  • これに金は注がない。

  • 良さがまだわからないね~

  • 今は、興味ないかな、

  • まだよさがわからないのです。

  • うーんよくわからないのです

  • 鑑定団に頼みなさい。

  • へぼサリエリ

回答したユーザ (115人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
純情パイン << prev
next >> オカリナ