ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

引越し先は車で6時間 << prev
next >> 零壱弐参肆伍陸漆捌玖拾

「弁当は冷めているから弁当なのだ。温めたら、それはもはや弁当ではない」「うぅ…」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • う、うん。

  • 温めないと美味しくない弁当は嫌だ

  • なんとなく分かる気がするぜ!

  • 確かに、冷めても美味しいというのが弁当の特質であるのかも。

  • えっそうなの?って一瞬思ったけど、 弁当は冷めてもうまい。

  • 「うぅ…」

  • のり巻き弁当を温めてしまった思い出が…

  • 冷めているから弁当なのだ。

  • 「弁当ではない」までは言わんが、温めたくは無い   冷たいままが好き

  • 温めるという調理をしているからかな。なるほど美味い屁理屈だ。

  • ひやごはんでも美味しい 「うぅ…」はコメントにしてほしかった。

  • コンビ二の弁当はしょうゆまで温かくなって困る。漬物も温かくなって困る。

  • 何がすごいって文字の配置が素晴らしい。鉤カッコもいれてこのレイアウトに納めるとは、さすが頼さん!!

  • 手作りのお弁当って、冷めてても美味しいよね。

  • これは難しい問題で、商取引が完結する前に店舗在庫に加熱という非可逆的な処理を行うとなると、てめぇチンしてからカネねぇとか言ってんじゃねーぞコラァと言いたくなったこともあったよ(遠い目)

  • お弁当は、冷めてもおいしいようにって作るの

  • 確かに、思い出す弁当は冷たい

×
  • ご飯はともかくおかずは温めた方が良いからあまり落ち込むものではないぞ。

  • ランチを携帯するから「弁当」なわけであって、温度は関係ないっす。

  • レンジ前提のコンビニ弁当を否定しません。

  • 「冷めててもおいしい」を指向して欲しくはある。でないと持ち運べる利点が半分死ぬ。

  • あったかかろうがつめたかろうが弁当は弁当。それ以外の何物でもない。

  • ほっかほっか亭「では当社の弁当は弁当ではないというのか。誠に遺憾である」

  • 温かいポテトサラダやお新香はどうかと思うけど

  • 冷たいご飯が好き(笑

  • もはや弁当ではないことはないと思う

  • でも俺弁当の冷めたゴハン好きですよ。弁当食ってる感が思いっきりするから。

  • 「ほか弁だ!!とでも言いたいのか?」

  • あたたかい方をお願いします。

  • 弁当とは食事の形式の一種であってそれ以上でも以下でもなく、空腹を満たすにあたっては実に瑣末な事柄でしか無い。にも関わらず弁当ではなくなったが故に食べないといふ論理に発展するのならそれは無茶苦茶であり、叉食す者を詰ったり嗤ったりするのは無粋で或る。

  • あったかいのが好き

  • 冷めてもおいしいのが弁当だ

  • ひも引っ張ると

  • 問題はそこではない。味

  • ホカ弁の立場が…食わんからいいけど。

  • だってあったかいほうがおいしいじゃないか。

  • じゃ「温めた弁当」ってことで

  • 何その理論?

  • えーっ!?じゃあほか弁はどうなっちゃうの?

  • 暖めると何になるんだろう。タフのおtんが言ってた気がする。

  • つめたいとさびしいじゃん

  • 幼稚園ではあっためてくれた。あの大きい電子レンジが忘れられない。

  • いやいや・・・

  • 元々あったかい「ほか弁」の存在を暗に否定しておるな。

  • 会話っすかw

  • 温かくないと食べられなくなってきた

  • 調理がしっかりしているものは冷めても温めても美味しいです。

  • コンビニの店員をいじめるのはやめてください。

  • セブンイレブンでバイトしてたけど、そんなことを言われたことは一度もなかった

  • あったかくても弁当は弁当だと思う今日この頃

  • いやぁ、コンビニで買ったときは絶対あっためてもらいますよ

  • おうち弁当は冷たいまま、コンビニ弁当は温める。自分ルール。

  • 暖めてもおいしいのが弁当だ。

  • 温めたって弁当は弁当です。。!!><

回答したユーザ (118人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
引越し先は車で6時間 << prev
next >> 零壱弐参肆伍陸漆捌玖拾