ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

春菜はな << prev
next >> 〇ばっかりだと×押しづらい

創作行為において、メタ視点を濫用するのはできれば止して欲しい。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 何事も濫用は禁物。ちょっと多めに使うととすぐ「飽きた」「お腹いっぱい」とか言い出す奴がいて胸糞悪くなるから。

  • 作品中に作者キャラが何度も出てくるとかね

  • テーゼがあってこそのアンチテーゼなわけだし

  • 失敗したら目も当てられないことになるハイリスクな手法。構築なくして脱構築なし。

  • 勝手なもので、巧妙だったら「濫用的だ」と感じないのです

  • 「『歌うこと』を歌う曲」「『小説を書くこと』を描く小説」「『絵を描くこと』を描いた絵」「『コトノハ』をテーマとするコト」など。よほど巧妙でない限りは手抜きにしか見えない。

×
  • メタフィクションという方法論自体と、それが作品にとってマイナスに働いている場合があることはまた別の問題だろう。

  • 面白いものもあるけどなあ

  • そういうのが許される雰囲気ってあると思う

  • 独りよがりになってなければいいと思う。

  • その作品が好きだったり面白かったりするのなら気にはならない。

  • そればっかりでもアレだけどね

回答したユーザ
トラックバックURL:  
春菜はな << prev
next >> 〇ばっかりだと×押しづらい