ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

分かり合えないこと以上に、分かり合おう... << prev
next >> 毎日どちらかを日課としてやらなきゃいけ...

得意気に「読書好き」と抜かす輩には、小説しか読まない輩が多いように感じる。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • まったくだ。俺は、意味不明なポエムに思いをはせ、プロフがフィクションか見極める目を養うために、コンビニでグラビアを速読してるがな!

  • そういう輩に限って専門書を読めない

  • 読書家にとって、読書は義務だ。

  • 「得意げに」なら。 俺小説読むぜカコイイ>(`・ω・´)キリッ という気がする。

  • そういう人多いですよ。

  • 読書を何か高尚なものと勘違いしているんじゃないかなぁ

  • まあ、小説しか読まないのは個人の勝手だけど、それで「俺、頭いいんだぜ」みたいなのはちょっと・・・。自分は小説をよく読むけど漫画も読むし、自分で「読書好きとは言わないね。

  • しかも「ラノベは小説じゃねー」とか得意げに言ってるイメージ。

  • コメントが熱いな。でも確かに、得意気かどうかは知らないけど、自分含め小説だけかも

  • そうかもねー。研究者自身「論文は研究者向けのSF小説」って言ってるし実際に人工知能の父マービン・ミンスキーの論文はほとんどがエッセイだし「心理学は本格推理小説である」って言葉もあるしな。現代の伝記、歴史書の歴史小説化と色々と例は尽きないけどそもそも「小説」が書きやすいからでもあるんじゃないかなー。多くの人が書けば読む人も増えてそれしか読まない人も多くなる。でも例えば小説しか読まない人より「小説も詩も読む」って人の方が「読書好き」って感じはするね。俺が詩をほとんど読まないからこその勝手なイメージだけど

  • 得意げに、が味噌かな。言いたい事としてその人が実際に小説しか読まないかは後からの話で別問題だし、だとしても特に関心はない // 題に批判の臭みがあるからなあ。もっと中性的に書いてほしかった // 一部流れに疑惑。コト自体は「小説しか読まないことが読書かどうか」って文脈じゃないでしょ。○も×も「小説を読む事は読書」に含められると思います。// よっぽど勘繰ってるのどっちだろうな?

  • 小説でいいんじゃないの?

  • そこでドヤ顔したい気持ちが分かるだけに尚更ウザいんだよね~。/きりん氏 個人的には小説以外もよく読む人に使って欲しいですね。まあ所詮私の希望に過ぎませんが。たぶん「本≒小説」という狭い見方が嫌なんですよ。/ショコラココア氏 そうは思いませぬ。コトの趣旨からずれますが、小説だけが文学ではありません。

×
  • 最新の情報が必要な場合はインターネット上から取得する期会が増えてるから、本という体裁限定の愛好家となると、情報の新しい古いにあまり関わらない文芸作品をターゲットにしてる人たちが多くなるのかもね。でもいろんな本の虫いるからなぁ。

  • ほっといてあげり。なんか嫌なことあったの?

  • いろいろな分野の本を読めば、博識な感じはするかもしれない。でも、そんな人ばかりじゃない。むしろ、そういう人のほうが少ないと思う。どんなジャンルの本を読んだって、読書は読書だよ。「輩」という言い方は感心しない。

  • そうさほぼ小説しか読まない読書好きさ。

  • 漫画も読んでると思うぞ

  • 「趣味が読書=無趣味」と抜かす人がいれば、片一方では「小説しか読まねーやつが読書語るなよw」って読書が高尚な趣味か何かのようにいう人もいる。いろんな人がいたもんだな。

  • 読書が好き( ・´ー・`)

  • 「小説以外読んでるワタシスゴイネー!」よりいいと思うよ!

  • 得意気に聞こえたことはないな

  • 「得意気」w逆に貴方のコンプレックスを感じる

  • 小説好きなら、読書好きだって堂々と言っていいと思うよ。小説すら読めない、嫌だっていう人がどれほどいることか…。それに「読書好き」ってことは「読書を趣味としてとらえている」っていうことでしょ。その人が楽しく読めるならいいんじゃないかな? たとえば学術書とか評論とかは必要に応じて読むようになるだろうし

  • こんぷれっくすモロ出しになるから 長文書くときは気をつけよう。

  • 感じないし気にもしない。読みたい人が読みたいものを思う存分読んでくださいな。

  • 本読まないから「輩」なんて難しい言葉知らないや。

  • 節操なく色んな本を読み散らすのも、小説ばっかり読むのも、「読書好き」の括りでよろしいのでは。そういう私は目的もなく辞書を引くのが好きなのですが、「辞書好き」と抜かしてよろしいでしょうか。

  • そんなことないと思うけど。

  • 自分で読書好きっていうことが誰に迷惑をかけるのだろうか? まさか「本当の」読書好きに?w そしてその人も誰かに迷惑を…

  • 輩ってあまりいい響きではないなーと思う。小説以外はなんとなく勉強好きって感じはするけど。

  • 得意気に「読書好き」と抜かす輩には、小説しか読まない輩が多いように感じる。(キリッ

  • 一々そこまで考えない

  • ノンフィクションだって読んでるだろうに。

  • 週刊誌や月刊誌ばっかり読んで 読者好き ってよりはいいんじゃね?

  • 「こいつ、得意げに抜かしてるなあ」と感じた経験が無いので何とも申せません

  • 小説好きって言えばいいんか?

  • 「得意気に読書好きと抜かす輩」で過去現在をソートした。0だった。

  • これは、色々な分野の本をよく読む人の台詞だよね?「俺の方が優れている!」っていう裏の声が読み取れる。

  • わはははやっぱり。たった今から趣味等で言うときの”読書”を”小説”に言い換えることを決定しました。/でも逆だよな。普通は小説読みこそそれが一趣味でしかないことを一番良く知ってるんだけど。趣味的なものより知識教養を重視するからこその「得意げ」だろうに。

  • その人達が「得意気に『読書好き』と抜か」していると云う見方が確かなのかを先ず疑います。

  • 小説は文学じゃないと?/ ああなるほど。小説という1つのジャンルしか読まないのに得意げに「読書好き」と宣言されるのが嫌だ、ということだと解釈しなおしました。// 自分のまわりには得意げに言う人はいないし、たぶんそう感じる事はないと思う。

  • 小説好きなら読書好きと言って良いと思うのでペケで。ところで「輩」が二つ重なるのが気になった。二つ目の「輩」は使わずに他の単語にした方がこの文章が味わい深くかつ文意が分りやすくなるのではなかろうか。「馬鹿者」や「痴れ者」「俗物」「怠け者」なんか辺りから思い当たるものを。

  • いや、べつに小説のみでも全然構わないと思うけど・・得意気というより、好きだからこそ楽しげなのでは。

  • 僕は僕の読みたい本を読んで、欲しい知識を本から得てる。まぁ読書はするよ。本人が「読書=マンガ」や「読書=ライトノベル」のつもりで「趣味は読書です」って言ったところで何の感傷もない。ただ、ジャンルを特定しないことに少なからず引け目があるのだろうと、相手の読書の幅を知ったときに邪推する。えぇ邪推も趣味かもしれません。

  • 小説しか読まなさそう、っていうのはまさか勝手な思い込みじゃあないよな。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
分かり合えないこと以上に、分かり合おう... << prev
next >> 毎日どちらかを日課としてやらなきゃいけ...