ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

太古からのしぐさ←意味がわかる << prev
next >> AB型RH-です。

袖触れ合うも多少の縁だと思ってた

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 映画「パイレーツによろしく」で、アコちゃん(神津はづき)が道ですれ違ったお茶大生にそんなことを仰ってましたわ。

  • 紅 臣さんと同じく、漫画で教えられました。前世とかで関わったことがあるということで、他生の縁だとか。

  • 大人になってから漫画で違うと教えられました

  • ちょっと違うけどだいたいそんな感じ。

×
  • 袖触り合うも多少の縁≒袖振り合うも多生の縁 大体同じ意味でいいんじゃない?

  • 最初に「音」で聞いたときには確かにそれは浮かんだ。個人的には「他生」がしっくりくるなぁ。前世の因縁を主に指すのかと思っていた。

  • 振り合うも、まではちゃんと覚えてるんだけど。

  • 「袖振り合うも多生の縁」でしょう。現国の時間にそう習った。「すり合う」も言うけど。をか(の)みなと さんが書かれている内容とほぼ同じで理解している。

  • 袖振り合うも多生の縁。「他生」は惜しい。仏教の輪廻に於いて様々に転生する意で「多生」、「他生」は現世の直前と直後のみ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
太古からのしぐさ←意味がわかる << prev
next >> AB型RH-です。