ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

自分も相手も間違っているパターン << prev
next >> 放射能漏れは日本全国に危険と思う

自然と共存→○ 自然と闘う→×

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 近年の大災害を見ると、自然に対峙するやり方は、限界がある事を強く実感させられる災害が多数と感じていますので…

  • 裏のあれ、切ってもいいですかねえ

  • 出来ることならこっち。

  • 昨日の敵は今日の友

  • 傘をさすのはどっちになるんだろう

  • 国際政治を語る時に使われる「片手で握手して、片手で殴り合う」という表現を提唱してみよう。 黒白いずれかに割り切れるほど容易なことではないのだ。

  • どんなに恐ろしい武器をもっても、たくさんの可哀想なロボットを操っても、土から離れては生きられない。

  • 津波も防波(潮)堤を作って抑えたつもりになるより、大事な所を守るように逃げ道を作って置けば・・?

×
  • 共存と闘争は必ずしも反意語じゃないと思うよ。相手が自然の場合は尚更。

  • まあどちらを選ぼうが共存/闘争比率は4:6~6:4の範囲内だろうけど。

  • 自然は共存なんて望んでいないと思うので。生き延びることが結果的に戦うことになるのだろうか。

  • 人間様に歯向かうなら立ち向かうのみ。大自然が人間の滅亡を望んでいても従ってあげないのだ!

回答したユーザ
トラックバックURL:  
自分も相手も間違っているパターン << prev
next >> 放射能漏れは日本全国に危険と思う