ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ネコバス << prev
next >> 不覚にもマネキンのバストに見とれてしま...

肯定表現であるところの「こだわり」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 確かに私も「ルーツを知りたい」気持ちはあるし、それをわざわざ書き込んだりもしているけど、反対に「使われているものに変化は付き物」と言う考えもある。否定的だったものが肯定に使われるようになったとか、その逆も珍しい話では無い。「ルーツを知る」事と「それを使う」事は別の事と思ってるかな。平安時代の日本語に戻すのが良いとも思わないし、囲炉裏の建付けが良いとも思わない。冷蔵庫とエアコンを多用しながら「日本文化とは」とか語るお国柄だからね。

  • 肯定しつつ1、2割(以上)マイナスなニュアンスが入ってるイメージで

  • 良くも悪くもこだわってるのね。

  • 言葉は時を経て変化していくものです。

  • これはもう変化済の言葉と思っていいんじゃねえの。知識として本来否定的な言葉だと知っておけば。

  • 全然使い方的には認めるんですけど、「正しいニホンゴにコダワル」とか言ってる人はなにをどうしたいのかと思う。とくにhttp://kotonoha.cc/no/22706なんてどっちなんだよと。

  • 「こだわり」にこだわることもないですな。

  • その通りだったのであった。

  • 言葉は移り変わるのものなのだった

  • この表現にこだわりのある人とわだかまりがないように努めます。

  • いやがる人もまだ多いので、使うときは注意したほうがいい。

  • ここまで来たら良いのでは。

  • こうありたいものだ

  • 濫用は馬鹿馬鹿しい限りだが、今の世の中には必要な言葉

  • そういう事を言い出すと現代語はあらかた使えないと思う

  • 第三音は低めにとる、とかそういうこだわりでいいなら山ほどある。

×
  • この言葉は変化させたら不便になるだけ 方針、徹底、ポリシー、力を入れている、妥協できない、のどれかにしようぞ

  • TVの三流グルメ番組のようで不快ではある。が、ではあれを他の語でどう言い表すのが妥当かと言われると それはそれで頭が痛い

  • 本来の意味からすれば間違った使われ方になるのかも知れないけど、これは言葉の意味が変わってきたというよりも、日本人の価値観が大らかさよりも「些細なことへの固執」のほうを良しとするように変わったってことなのでは。商売上、差別化を図ることとか。

  • 後ろ向きな感じなのに、とても違和感があります。

  • まあ、いいのでは

  • 時としてそれは障害になる

  • そもそも「些細などうでも良いことへの拘泥」であり、ラーメン屋も「謙遜して表現」していた訳なのに。すごく気持ち悪いですね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ネコバス << prev
next >> 不覚にもマネキンのバストに見とれてしま...