ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

よしんば << prev
next >> マイトガイ

天下り

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 岸博幸さんとかの話を聞いていると、天下りがどうしても出てしまう理由がわかった。今では天下りを悪いこととは思わない。

  • キャリア官僚は秀才と天才の集まりだと思う。卓越した頭脳を持っているか、相当な努力をするかしないとなれない。そして入省後もそこまで多くない給料で日々激務をこなしている。老後くらい美味しい思いをしたっていいじゃない? 娯楽に寄与しているにすぎない大物スポーツ選手があそこまで高給なのだから、国政を動かす官僚も優遇されてしかるべきだと思う。もちろんノーパンしゃぶしゃぶは論外だが。

  • ↓長い // 逆説的だけど、官僚には若いうちから高給を支払ったら面白いのにとたまに思う。

  • 天下りできるような人はほとんどがそれまで半端じゃない努力をしているはずだ。受験競争を勝ち抜き、その優秀な人たちのなかである程度勝ち残った人たちだ。 それを批判する人たちは人生のなかでそれ以上の努力をしているのか、支払われるべき対価だといって差し支えないと思う。 行き過ぎた官僚批判が引き起こすのは日本の衰退だ。

  • 官僚は同期がトップに着いたら皆首切られることになってるからなぁ。官僚の質確保と民間の優秀人材の確保には必要だと思う。

  • 天下り自体は悪ではなくて 方法が問題だと思いますわ

  • これ位しないと仕事の割が合わない、と聞いたこともあるからあまり悪くは言えないかな・・・

  • 人材が来ることは問題ないけど 非効率な職場から無能な順番で人がやってくることが問題の本質だね

  • 既得権益はまぁ手放さないだろうな。怒ってる人も自分が出来る立場になれば結局するんじゃないのか。

×
  • キッキちゃん(猿そっくりなウチの弟の樹)の菊門ペロペロしながらシコシコするのが趣味。

  • 賄賂性がある。というかほぼ賄賂。

  • 中学の校長が定年後市の施設の館長になってた

  • 役人天国日本。税金を支払うのが馬鹿らしい。

  • 日本の悪しき慣習の一つですね

  • 公務員の業務委託や民営化は天下りの道を作るためにやっているんだよ。

  • とある天下り市長の市政はあまりにも悪かったからかなぁ、いいイメージがない

  • 一般論としては、もちろんムカつく。 ただし、完全になくなると官僚が定年まで居座って高齢化し、若い官僚が入る余地がなくなり、その高学歴の若者が民間企業になだれ込んで、ドミノ式に社会から追い出されていくのは結局のところ最下層に近い人々です。それが今の就職難の日本にいいことなのか、と問われれば、Noと言わざるを得ない。

  • という事は、高級官僚は天に住んでいるという事か、そうなのかそうなのか…

  • なんかやだけど、有能でかつ能力に対して貰いすぎてなければいいんじゃないの。無能さが問題なのであって

  • いいかげんに・・・

  • ああ・・・嫌だ。

  • あまり楽しそうではないです。

  • 字だけ見るとちょっとファンタジー 実際はかなり生臭い

  • 前の会社にいた。けど、仕事は増えなかったから存在的には意味が無かった。

  • この言い方。天から下ってきたんですか、そうですか。

  • 居たよ、職場にたくさん。新聞読んでるだけで月給50万も貰いやがって。

  • どこかのキャリア官僚のブログで「天下りを期待して公務員になる人なんていません、知りません」ってあったけど、こんな浅い人ばかりで霞ヶ関大丈夫?

  • 縁のない。

  • それにしても現代の高校生って天下りって言う言葉自体も知らない子ばっかりなんでしょか

  • こんな言葉が要らないような国・・・になればいいのにね

  • 来るな!本当にうっとおしい!来るなら給料分仕事しろ!!つかせめて出勤して来い!!

  • 妥当な収入なら○だけど・・・恥の文化

  • 目の上のタンコブ・・・

  • 世の中の役に立ってくれるなら歓迎するんだけどね。

  • そんなこんなで公共事業は高くつ。

  • 最悪。こんなん続けてるから日本は…

  • うちの職場に来たら張り倒す。

  1 | 2   next

回答したユーザ (173人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
よしんば << prev
next >> マイトガイ