ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

サンバーグ << prev
next >> ダウンタウンを超えるお笑いコンビはもう...

煎茶道

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 一度だけお茶会に行ったことがある。抹茶(薄茶)と煎茶の2本立てだった。どちらかというと、煎茶の方が作法が細かいように思う。

  • 漱石「こころ」: 私(先生)は(未亡人とお嬢さんの居る下宿に)移った日に、その室の床に活けられた花と、その横に立て懸けられた琴を見ました。どっちも私の気に入りませんでした。私は詩や書や煎茶を嗜む父の傍で育ったので、唐めいた趣味を小供のうちからもっていました。そのためでもありましょうか、こういう艶めかしい装飾をいつの間にか軽蔑する癖が付いていたのです。

  • ゆっくり淹れて、楽しめる時間

  • 煎茶をおいしく淹れる方法は、家庭科で教えたらいいのにと思う。番茶や紅茶、ウーロン茶も同時に。抹茶の茶道は形式重視すぎて興味がない。

  • 玉露おいしいです。門外漢ですが、茶会にどことなく飄然とした雰囲気があって、嫌いではありません。

×
  • 戦車道

  • 煎茶にもそのような世界があったとは浅学の至り

回答したユーザ
トラックバックURL:  
サンバーグ << prev
next >> ダウンタウンを超えるお笑いコンビはもう...