ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

植草一秀は検察圧力によって嘘のわいせつ... << prev
next >> 巨大な積乱雲を目の当たりにすると、「て...

大和撫子は日本にはもういない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
×
  • 2次元にでしたら、まだおりますわ。

  • その昔、現在の秋篠宮紀子妃がご婚約された時に、ああ、まだこんな女性が日本にいたんだなー、と思った。

  • 明治末~大正~昭和期にプロデュースされた「良妻賢母」とは違うんですよ。

  • 目立たないだけで居ないこともないと思う。

  • 「大和撫子」とは、別に清楚でしとやかという意味ではない。ナデシコの茎は細いが台風でも倒れない強さを持っている。「か弱そうに見えて、実は芯が強い日本女性」を表した言葉。

  • 昔会った。お辞儀の角度からして違ってた。

  • 菫の花さんが既に言ってるけど、大和撫子の雛形はクシナダヒメ(日本神話の英雄スサノオの武器である串に姿を変えた女性)のことなので、聡明で潔く男にとっても大きな力になりうる女性のことを言うのが正解。

  • おしとやかな大和撫子はまだいます。いると信じたい。

  • どのみち近代以降に作り上げた偶像じゃないの

  • まだいると思いますよ。 でも、大和撫子言われて喜ぶ女性も減ってきているんじゃないですかね。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
植草一秀は検察圧力によって嘘のわいせつ... << prev
next >> 巨大な積乱雲を目の当たりにすると、「て...