ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

タバコ吸うおじいちゃんと孫のふれあいシ... << prev
next >> レコード大賞(○) VS 紅白歌合戦(×)

人が亡くなった時よりも、焼かれて骨になった時の方が悲しい

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • もう全身の力が抜けるねアレは

  • 祖父が死んだ時に初めて見て目を背けたくなった

  • 親族の葬式を二度経験しましたが、私は納骨時の方がつらくなりました。生前と全く違う姿になるので実感がしてしまう。

  • これは分かる。骨になり、その骨を拾う瞬間は言いようのない哀しみに襲われる

  • ここで初めて死を実感した。

  • いわゆる『死に目』に会えなかったせいかもしれないけど、たった2時間弱で縁あった人が骨と灰に変わるのを目にすると色々グッと来ます。

  • 火葬は嫌なものだと思いました

  • という事もあったし、逆に亡くなった時すごく悲しくて、骨になったらスッキリした事もあった

  • たしかに、骨になってしまったときには、その人が亡くなったんだということがしみじみと実感として感じられました。合掌。

×
  • 込み上げるタイミングの不安定さは僕自身びっくりしました。

  • 棺桶のふたを閉めるときに司会が「これが最後のお別れとなります。」ってとこで一番悲しくなる。それ以降は虚しさしかない。

  • どの人物がどの様な形で逝去したのかによっても異なりますので、一概にどちらが…とは言えませんが、火葬はただでさえ辛い状況を更に増長する気も。

  • その時はもう開き直っててそこまで強いものは感じなかった気がする。やはり訃報を聞いたときと、遺体を見るときが一番悲しいと思う。

  • どうかな……別に決まってない。親しいご近所さんとか親戚や身内じゃないと、比較出来ないと思う。

  • 両方悲しい。

  • そうかなぁ・・・?

  • どの時が特に悲しかったかというのは比べられない。けれど、火葬場でお見送りする時に、本当に亡くなってしまったんだと実感した。

  • 悲しいけれど清清しい 火葬場は亡き人への未練を断ち切る場所

  • 別々の悲しみがそれぞれにあって、比べられない

  • 亡くなった時の方が悲しいですね。早く楽にさせてあげたいので

  • 最後の対面で花やら何やかやを棺に入れる時かな。骨になるともう無常感にとらわれて涙は出ない。

  • 亡くなった時の方が悲しいです

  • 火葬場の釜の中に入れられる瞬間。釜のシャッターが閉まるとき。

  • 愛するお婆ちゃんがピクリとも動かないことが悲しかった。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
タバコ吸うおじいちゃんと孫のふれあいシ... << prev
next >> レコード大賞(○) VS 紅白歌合戦(×)