ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

消耗品は使い切ってから買い足す! << prev
next >> 2050年の平均寿命 ○90歳 ×60歳

どうして魔女はホウキに乗って空を飛ぶのか知っている

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • どこでもあるから無くしても困らない替えがきく

  • 少女はそれを我慢出来ない。

  • 実は箒は飛ぶのには適しておらずコントロールが非常に難しい。あえてその難しい箒を乗りこなすことで、自らの魔力をアピールした。あと屋外でサバト開くときに、掃除をするのにも便利だった。

  • 昔の外国の人は彗星を見て魔女が飛んでいると言ったのですよ。彗星のことをホウキ星というんですよね。

  • なんか艶っぽい理由を聞いたことはあるけど、それがホントかどうか自信はない。

  • 「航空法規に則って」というのを代々勘違いしている。

  • 箒に乗らないと魔女(魔法使い)っぽくない、って魔理沙が言ってたろ?(駄

  • まあこんな所には書けない罠

  • ○○○○を晴らすアイテムです。post主のご意向により伏字としました。公開には脳内元老院の2/3の賛成が必要となります。

  • 時代の風潮。現代はダイソンで飛ぶ。

  • 魔力と霊力がエネルギー保存の法則に当てはまらないという証明ができないので

  • 空を飛ぶホウキに乗れるのは魔女だけなんだ。

  • はじめは魔女はホウキなしで空飛んでました。それは、たいへん魔力を消費しました。そこで魔女は、手近にあったホウキを魔術で、下部として仕えさました。

  • 死の賛美歌を歌い踊るために必要だった。 もっとも身近で手に入りやすいものだった。

  • 昔、西洋では女性が日頃ホウキを使ってたからだよ。

  • 魔女の本体はホウキだったんだ

  • 鳥取県西部出身。ほら、境港といえば水木しげる先生が。

  • 現世の偏見やしがらみを掃除してから自由の空へ

  • 軟膏説もあるよね。

×
  • 軽いからじゃないの 怪盗キッドで 赤魔術する あかこが身代わりになってキャッと叫んだ 警察「キッドは女か? あおこ「きっとオカマさんなのよ!

  • チリトリに乗ろうとしてバランスが悪かったからかな

  • わかりません。

  • 知らない~どうしてなの?

  • お尻痛くならないのだろうか

  • ワラの中にジェットエンジンを搭載してるから。

  • 分かんないです。知りたいw

  • 後でぐぐる

  • ググってみた。…んで?なんでホウキなんだ?

  • わからないです。何かの象徴かなという気はするのですが…。

  • あ、知らないや。調べてみよう。

  • どうしてだろ

  • あれ?デッキブラシじゃないの?

  • 外で持っていても自然、且つ跨がる事が出来る。空気抵抗が少なく進行方向に忠実に進む…中世に存在し、この条件を満たすのが、箒じゃなければいけない理由かなと勝手に分析。

  • ついでにその辺掃除できるからじゃね?

  • 軽くて乗りやすくて、両手がフリーになって扱いやすいから?

  • 大臀筋を鍛える為?

  • なんでだろ 考えたこともなかったなあ

  • 分からないけど逆に地面を普通に歩いてるのも何かね。

  • 調べてみたら色々な見解があるようで。

  • 全く疑問に思わなかったよ

  • えっ知らない

  • そこにホウキがあったからじゃないの?

  • え…知らない。どーして?考えてみたらバランス悪いよね

  • 「補浮き」つまり浮くのを補うからです(違…

  • 知らないから調べた。ふむふむ。

  • きっと箒が好きなんだよ。

  • 痛そうなのにね

  • 知らないので回答をほ…おっと誰か来たようだ

  • 知らなかったのでググッて吃驚。

  • 奥様はソージキだったような

  • 実は掃除魔…とかですか?

回答したユーザ (106人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
消耗品は使い切ってから買い足す! << prev
next >> 2050年の平均寿命 ○90歳 ×60歳