ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

駒沢大学駅 << prev
next >> たまに行動する度に「○○します~」とか言...

結果が全て

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 男の子の菊門ペロペロしながらシコシコしたい!!

  • 立つ鳥跡をなんとやら

  • 終わりよければなんとやら

  • そうだね。

  • 当然です、結果を出せない役立たずに存在価値はありません。

  • 次で成果出せばそれでいいよ!

  • 数字は正直だから結果を出さないと…

  • ほとんどこれだもん。

  • 課程が重要、とかいうのは詭弁。結果を出せない奴はクズ

  • どの時点のどれを結果とするかを後付けする。

  • ある目的遂行に対する失敗をその同一の目的に対して有効活用することもあり、他の目的に対して有効活用することもあるわけで、過程と結果は連綿と続いていくわけだから、過程と結果をわけて考える必要性は低いと、個人的には考えているけど。要するに人間万事塞翁が馬に近いものなんですが。。

  • 資格試験とか

  • 過程を考えるのは難しいから、分かりやすい方に流れちゃうんだよね

  • 努力してもしなくても結果が全て

  • どの時点を持って結果とするかにもよるかもだが、本人のための評価は結果でしか計れないかと思うノハ。課程はあくまでも課程であり、他者がそれを見てどう考えるかは、本人には関わりのない話かと思うノハ。

  • 結局はそうでしょうね。「頑張りました」で済まないことも多いですし。民生さんの仰ることも結果に繋げるためだと考えれば

  • 結果が出なければ、何もしなかったと「怠慢」で叩かれ、社会から爪弾きにされる、これが現代社会の常識。ただし、その過程においてルールやレギュレーションに違反がなく公正に競争が行われている事が前提。

×
  • 動機も大切

  • 今している仕事はそうじゃない。

  • 父親の口癖。ただこんな事を言いながらも、定年退職を迎えた時の有様を見たら、同じ様な生き方は絶対にしたくない・できないと感じたものでした。

  • 過程より結果だと思うけど、八百長や悪質な反則で勝ったりカンニングで合格してもね。

  • 過程が正しければそれでいいじゃないか

  • 考えることができないバカは大抵結果がすべてなどと言う

  • 過程で得た経験は大事にしたい

  • そんなことはない

  • 結果が生ずるには過程が必ず存在すること、時々で良いので思い出してあげて下さい。

  • 結果がいいに越したことはないけれど、一生懸命練習してできた逆上がりがテストではできなかった小学生に言うには余りにも酷じゃないか。

  • 結果が出ないなら改善の為の行動を起こす。ダメなら違う改善を行い結果を出す。 失敗しても改善を繰り返せば経験を積み容易く結果を出せるようになる。 重要なのはこのような改善に至る成長プロセスであり、「努力した」という事実ではない。勘違いすんなよ。

  • 「失敗は成功の母」とも言う。次の成功への受胎に繋がっていれば良い。

  • 過程は重要。結果に関係なく得るものは大きい。本当の結果は人生の最後にわかるものだと思ってる

  • うちの親はそういう考え方。大学の学部もそう。でも結果見ただけじゃわからないこともたくさんあるよね。

  • そういって美味しいところだけ持って行って、他人の仕事をやり難くする?

  • いい加減成果主義とかあほくさいことやめたらどうだ

  • 結果よりも、過程も大事かな……。

  • 確かにそういう評価を下されることは多いです。でも、過去を振り返ってみるとほんの少数だけれど不器用な自分のなけなしの努力を認めてくれた人もいました。だから「全て」ではありません。

  • 人を動かす立場になると、そう単純じゃないです。過程も評価してあげないと意欲が下がってしまうのです。本当に難しい。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
駒沢大学駅 << prev
next >> たまに行動する度に「○○します~」とか言...