ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

LANハブを使っている << prev
next >> 愚民がどうあがこうが世界は何一つ変わらない

身近な人の死に直面したことがない

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 遠い親戚かペットくらいだなあ

  • ショックを受けるほど親しい人に死なれたことは、まだない。

  • だから死ぬことがなんとなく遠くにある

  • 幸いみんな家族、親類共に元気です。

  • ひいばあちゃんならあるけど身近というほどでもなかった

  • ペットならありましたが

  • 曽祖父と祖母が亡くなったのは物心がついてからですが、ひと月に一度も会ってなかったのでそこまで身近な人という感覚ではありませんでした。

  • 人の死はまだないです

  • だからよく分かんない。

  • 今のところは。でもこれから先そういう事があると考えたら恐い

  • 葬式は、話したことないクラスメイトの母親のにしか出たことない。

×
  • 死そのものというよりも、死体を見たことのインパクトが大きかった気がしている。

  • 友人を少なくとも2人を。一人は、同じ雅楽の会の篳篥担当の大久保ちゃん。もう一人は、同じ会社で仲良しだった竹ちゃん。二人とも肺癌だった。

  • 何度か。もうおっさんなので

  • 祖父が亡くなった時は本当に悲しかった。自分のことを好きでいてくれた人がこの世からいなくなるのは初めてだったからかな。

  • だいぶ大人になってから、一名。初めてだったから衝撃も大きく、人生のとらえ方・考え方も大きく変わったできごと。周囲の人はそういう体験を小学生時代など子どものうちに体験してる人が多かったが、自分は大人になってからだった。それ以外に、小学校時代の友人の母(下校時によく家まで車で送ってくれたし、たまに話したこともある)なども含めるなら数名おります。

  • 両親、叔母、祖母、恩師、友人。もう誰も死なないでほしい。

  • 血縁的にはそんなに遠くないけど、関係的には身近ではなかった人。

  • 思春期のころ身内がバタバタ死んで逝った

  • 父方のおじいちゃん、そのご兄弟。 数年と1日違いでした・・・

  • 直面し過ぎの2009年が暮れていきます

  • 勝手に涙が出てくる不思議。

  • 小さい頃から結構経験してる。

  • 急に死が近くにあることを感じた

  • 母方の祖父の葬式には出席した

  • 母方の祖父、父方の祖父

  • 最近だと、3年前の母方祖母の死か(11November2009)

  • 友達 祖母 棺おけの中の抜け殻を見た時の気持ちは言い表せない

  • 祖母が死んだのが小ニの頃だっけ。死についてなんて考えた事もなかったから、相当ショックだったな。あとわりと親しかったクラスメイトも死んだ。今なら誰が死んでも平常心でいられる気がする。

  • 母方の祖父が2003年に亡くなりました。祖父との想い出はあまり多くなかったですが、もう二度と会えないんだということがとても悲しかった。

  • 曾祖母と父方の祖父母。あと、従兄。

  • 祖父と父。唐突な死は心が納得するまでに幾ばくかの時間を要する。

  • 弟が目の前で車にはねられ即死

回答したユーザ
トラックバックURL:  
LANハブを使っている << prev
next >> 愚民がどうあがこうが世界は何一つ変わらない