ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

とろけるようなやわらかさの肉は苦手 << prev
next >> 他人の苦痛に喜びを感じることがある

ばかだの、ちょんだの、野呂間だの

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
×
  • 真意はどうであれテレビで流れたのが問題なのでは

  • 言葉の語源はどうあれ、それが勘違いであれ、一般的用法として「ちょん」が長らく朝鮮半島出身の人達を差別してきたのは事実でしょ。こんな当たり前な事をわざわざ書くのがホント情けない。

  • うーん…確かに言葉が持つ元の意味が変質してしまう現象として、「ゆとり」という言葉は挙げられます。 でもね、チョンの場合は「半人前、取るに足らない人」という否定的なニュアンスが予め包含されているんでしょ?ならば、それを隠語として彼らに適用したのは流石に誤りではないのかと。

  • ←のことだったのか。

  • さばくたにさん そのサイトの絵柄は好きです。なんかブラックなかっこよさが……

  • 君にぴったりのサイトだhttp://www.hakuchi.jp/  // 新月さん、わざわざ見てもらってどうも。大友克洋監督の息子さんのサイトらしいです。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
とろけるようなやわらかさの肉は苦手 << prev
next >> 他人の苦痛に喜びを感じることがある