ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

24時間テレビ「金は地球を救う」 << prev
next >> 波打ち際

「うつ病」なのに明るい性格だ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 正確には「躁うつ病」らしく、気分が高揚している時は元気すぎる位明るいが、一度気分が落ち込むと行動する気力が全く出なくなってしまう。

  • そりゃ厳密には、うつ病と性格は違う話だものなぁ。そもそも振る舞いと本人の意識も実は違うし。「性格」という言い方で意味する範囲が広すぎるのかも…。うつ病にハイになる事が観測される薬で対抗してもそれは対処療法だろうし、それを性格改善と言うとあまりに粗雑すぎるとも思う。

  • 調子いいときはね。

  • 「うつ病」に性格の明るい暗いは関係ない。

  • どっちかというと、そういう病気だけど、性格は明るい。

  • あっぷだうん。それが人生なんだぜ。

  • 「うつ病」自体曖昧、病気というより誰もが陥ることもあるただの状態?・・・

  • 最近状態が良くなってきた知人を見ていて思うのは、性格的方向性以上に精神的容量のバランスの問題が大きかったんじゃないかな、ということ。

  • 周りに明るく振舞ってたのが自分でも気付かないうちに負担になっていた、と考えられる事例もあるようです。大切なのは「病気」と理解することだと思う。

  • 他人にうつ病にかかっていることに気づかれないようにそう振る舞っている可能性もありますよ。

  • 見た目は全く陰気そうじゃない可愛いけど鬱病だと自分で言ってた女の子が居ましたね。訳もなく気持が沈む時が有るらしいです。

  • そういう人もいるだろうね

  • いや、鬱病に性格の明るい暗いは関係ないから

  • まぁ多分に「抗うつ薬」によるところも大きいとは思うが、もともと明るい性格だった。みなさんも「明日は我が身」ですよ。

×
  • うつ症状を呈していてもうつ病なのはごく一部で、他の病気などという事もあるかと…

  • 誰からも好かれない不真面目な僕がうつ病になどなるワケがない。

  • うつ病じゃないと思うから×

  • どっちも当てはまらない

  • 明るくみえる=うつじゃない、って考えはこわい

  • 明るくないし、鬱病であるという事を否定することも出来ない

  • うつ病じゃないんで

  • 病気のせいで暗くなることはあるだろうが、本来性格は関係ないだろ。脳内物質の異常なんだから。

  • うつ病ではないけど、それ気味。

  • まずうつ病じゃない

  • うつ病でもなければ明るくもない

  • カテゴライズが病気を作る。

  • うつ病傾向の人は他人と会って必要以上にハイテンションになること多いからね

  • 鬱じゃありません。

  • 性格と鬱病に相互関係は全くありません。

  • 鬱病と性格は関係無いのでは?

  • 順序としては、明るい性格なのに「うつ病」だ、が正しいでしょ。なら別に違和感はない。

  • 躁うつという状態もある。

  • そういう人はたくさんいると思うね。あたしは病院に行かないので病気かどうかもわからないが。

  • 過労ではないですか?

  • それは「うつ病」とはいえないと思います。精神科医でさえ「うつ病」というものを間違って認識してしまうくらいですので、医者の言う事もあまりあてになりません。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
24時間テレビ「金は地球を救う」 << prev
next >> 波打ち際