ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

銭湯で騒ぐのはやめてほしいと思ってる。 << prev
next >> 開いたコトには、ほぼ回答する

ニーチェの「神は死んだ」を神の存在否定と勘違いして解釈してる人

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ニーチェの思想をよく知らないので一応○で回答。ただ「神は死んだ」という表現を字義通りに捉えるならば、少なくとも「神が生きていた時期」の存在をニーチェは認識していたわけで、その点において彼は「無神論者」ではない、とは云えるか。//「神は死んだ」についての自分自身の解釈はhttp://kotonoha.cc/no/40164#mem...にて。

×
  • 哲学=無神論という認識は初めて聞きました。

  • 彼の本読まずにその言葉だけ知ってるって人も多いですからね

  • 作品単独で読む人が増えたからかな。当時の教会や支配階級を含めた時代背景と合わせて理解するのは確かに面倒だし

  • 日本人の宗教観からは解り難い。「科学=無神論」と認識する人が多数なので何を今更。

  • びっくりした…一般人には「哲学=無神論」って勘違いしてる人が以外に多い。哲学と神学は切っても切れない関係なのにね

回答したユーザ
トラックバックURL:  
銭湯で騒ぐのはやめてほしいと思ってる。 << prev
next >> 開いたコトには、ほぼ回答する