ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

大正野球娘。 << prev
next >> プロアクティブのCM曲が嫌い

死刑制度は凶悪犯罪の抑止力になっている?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ある程度は抑止力になってるとおもう

  • 死刑どころか現場の判断で射殺してることを考慮しよう。特に死刑廃止国では「どうせ死刑に出来ないから今やる」という射殺動機がある(自称死刑廃止国の射殺数は公表すらされていない)。あと「死刑になりたいから」なんて特殊例。第一なんで凶悪犯の言い分をわざわざ鵜呑みにするんだろう。望む結論を引き出す道具に使えるから、ではないのか。

  • それでも自分が死刑になりたいがために凶悪犯罪に走るという例もあるwww

  • ある程度なってるんじゃない?

  • なってないことはないと思う。無いよりはあった方がって程度。

  • ある程度の効力は持っていると思います。

  • まあ解かり易い制度ではあると思いますが。

  • 基本的にはなっているはずだが、量刑の相場(初犯・1人なら無期みたいな)が、効果を減らしている。もっとも、死刑になりたいという輩に対する抑止力としては効果がないので、仮出所なしの終身刑等が必要だ、と思う

  • 少なくとも再犯の抑止力にはなるようなならないような 難しいですね

  • 死刑になる夢見て一生殺人はしないと誓った

  • ある程度はそうだろう。

  • と思いたい

  • 絶対か、ときかれれば難しいけれど、それでも一定の効果はあると思う

  • 死刑を望み小学校で無差別殺人を犯した宅間事件なんかを考えると難しいが、それでも抑止力があると信じたい。

  • きっとね。断言はできん。

  • 出所したら、また同じように殺人を繰り返してやるぜなどと裁判で発言するような輩には。

  • 半々。衝動的な思考には、死より上回る恐怖や苦痛が必要なのか。冤罪もコワいが。

  • 逆に少年犯罪に確信犯が存在するのは、少年法で死刑が適用出来ないためである。

  • ある程度はなってると思う。確かに自殺願望からするバカも居るけど、殺されるのを待つってのはそう、願って犯罪した人でもジワジワと恐怖があるらしく、だんだんと気がおかしくなってくるそうなんで、それはそれで『ざまみろ!』だし。てか、相応の理由が無い殺人は1人殺したら精神や知力は関係なく死刑で良いと思う。だって、ころされた側は、いきなり死刑に処されるようなもんだし被害者の人権は?といつも不思議だ。

  • 死刑になりたくて殺人を犯す人が増えているイメージですが、あれは稀なケースで、死刑は抑止力として効果あると思います。

  • 誰でも死にたくは無いはずです。でも、死刑になりたいから人を殺す、などということはやめて欲しいです。

  • まともな精神状態の人なら死刑になりたくないから犯行を思い止めるでしょうが、「死刑になりたいための犯罪」はどうやって防げばいいんでしょうか?

×
  • 死刑判決の回避目的に嘘を行ったりするような犯罪者もいるのでなんとも・・・。

  • 余り、死刑囚の生活の実状が明るみに出ていないので。

  • 池田小学校の宅間の件以来、なっていない部分があるなぁ。「自殺志望」の連中が、自分で死ぬのは怖いから死刑になりたいだの、道連れが欲しいだの。宅間は見せ物にして、生き恥をさらして罪の償いをして欲しかった。

  • 暴走を引き起こすこともある。死刑になりたいがために、大量殺人を犯す輩とかいるからな

  • なってるとしても極々僅かな気がする。執行されずに獄中で老衰も珍しくない。死刑よりもっとエグい刑があってもいいかもね。被害者の人権はそっちのけで加害者の人権ばっかり重視されてるような・・。

  • 凶悪犯罪起こすやつがそんな後先考えるとは思えない

  • 死にたいなら犯罪犯したら死ねるみたいな感覚で望んでやる奴もいるから…

  • 凶悪犯罪って、なんか自分に酔っている印象を持つので、そういう者に死刑制度って抑止力薄そうだなっと思うのです。

  • なってないんじゃないかな。

  • 罪を犯す時はきっと何も考えられなくっているだろうからどんな重い刑があっても意味がないと思う。

  • 刑を逃れるための努力は喚起させてるかも

  • 正直日本の場合求刑甘い。あと公開されなくなってから効力薄くなってる。

  • 犯罪に及ぶ段階で死刑のことを考えるヤツなんていない。犯罪者にとって死刑制度は抑止力にはなり得ない。

  • なっているケースとなってないケースがあるのでは。

  • 自暴自棄、頭に血が昇った状態に法律は無意味。

  • 死刑で犯罪抑止しようって発想がちょんまげ

  • 厳罰化しても起こる犯罪は起こる

  • あんまなってないんじゃないかな

  • http://www.visionofhumanity.org... 世界治安ランキング。ランク上位常連の国の殆どが死刑廃止国。本当に抑止力があるなら死刑のある国が上位を独占してもいいはずだが、実際はそうじゃない。少なくとも「ある」と断言できる根拠はどこにも見当たらない

  • 死を恐れない人がいることは事実。

  • 死刑で確実に死にたい、そういう人がいるから…

  • 死刑はあくまで、裁判の結果でしかないと思うから。

  • 一定の抑止力は有りましょう。しかし、現に宅間守も金川真大も加藤智大も食い止められなかった。殊に前2者に関しては、終身刑が抑止出来たかも知れない、と思います。実際の処は分かりませんが。

  • 抑止している裏で、それを求めてやらかす人もどうやら居るようだから、差し引きゼロじゃあないかな?

  • 一概にそうとも言えないと思う。死刑制度がない国だってあるし。

  • 事件を起こすときにそういうことを考えて躊躇するとは思えない。人が犯罪を起こさないのは、死刑が怖いからでなく、してはいけないからと考えているからじゃないかね

  • 「死にたいけど死ねない。だから死刑の罪を犯したら、死ねると思った」って奴がいるし、ビミョーだと思う。まあ無くてもいい訳ではないけど。

  • 再犯は防げるとしても、死刑になるまでの過程がこれほど隠密になっていると、制度そのものだけが抑止力があるかどうかになってしまう……

  • 死刑にしてくれってのはよくない

  • 凶悪犯罪を犯すような人が自分の死を恐れるとは思えないし

  • 捕まるのが嫌だから犯罪を犯さないんだ、常人は。その一線を超えたら罰の重さでは抑止しきれないと考える

  • 正直分らないが、近年一部の凶悪犯に懲罰としての死刑が現実的に捉えられていない(人の生死感も時代で変化している)感がする。光市母子殺人事件で思ったが、死刑にするより過酷な終身重労働の刑でも設けたら多少は抑止になるかもと…(うるさい人権団体は黙ってないだろうが)。

  • 仮釈放無しの終身刑の方が怖い。いや禁固刑の方が怖いかも・・・

  • 日本の場合、刑罰そのものよりも寧ろ世間の「社会的(に託けた『私的』[?])制裁」に拠って事実上「再起不能」に追い遣ってる事が抑止力として機能していると思われる。あと刹那的感情で後先考えずに事に及ぶ場合だったりすると抑止力の意味はなさそね、多分。

  • 少なくとも、死刑制度が凶悪犯罪の抑止力になった、という客観的なデータは存在しないようなので、死刑存置論者が抑止力を理由にすることは誤りだと思います。

  • 死刑が廃止されて「懲役3000年」とかの世界になったら凶悪犯罪は増えるか…何とも言えないね。自分が凶悪犯罪をやらない理由は死刑の存在ではない、ということだけは言える

  • 死刑になりたい人を刑罰で抑止するなら「早く殺してくれ」と言いたくなるほど過酷な終身刑ですかね・・・?

  • あるとも無いとも言い切れない。推測としては、「死刑になりたくないから犯罪を犯さない」ではなく「死刑になりたくないから逮捕されないよう工夫する」方向に考えるのが普通の犯罪者だろうと思う。

  • あんまり実証されてないようだが。それに死刑になりたいと言って凶悪犯罪を犯す奴もいるし。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
大正野球娘。 << prev
next >> プロアクティブのCM曲が嫌い