ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

俯く << prev
next >> 肩ぐるまの記憶

この道の続く限り私はひたすら進んで行く

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 流れに立ち向かうボートのように、絶え間なく過去へと押し戻されながらも

  • 知らない人の知らない名言、てとこでしょうか。でも道を究めた人達がしばしばこの様な「道半ば」を口にするの聞くにつけ感銘を受けます。人生って詰まる所そういうコトなんですかねぇ、みたいな

  • たとえ、その道が明後日の方向に向かっていたとしても。

  • 死ぬまでこの道を進んで行きたい。ずっと続いていますように…

  • ただ周りの景色はよく見ながら進んでいきたいですね。いろんな思い出を作っていって、終着点に到達したときに「楽しかったな」って言いたい。

  • キリのいいところまで進みたいね

  • m.y *

    Keep right on to the end of the road. -- Harry Lauder

×
  • 途中の岩場に腰掛けてたら、風で道が消えてしまった

  • 前提として、獣道一つ見つからないんですが。

  • この台詞を吐く時、大抵はその道は狭まっている。困難が見えていなければ、出てこない台詞だ。困難の種類やレベルにも依りますが、引き返す事も重要かと。 じゃないと歌にあるように「終わりなどないさ。終わらせる事はできるけど」みたいな状況になる。でも現状、一度道決めてある程度まで行っちゃうと、進路変更困難な事が多いですよね…。 ──旅人は問い返してきた「ゴールという名の終わりってあるの?ドロップアウトで以って終わらせる事しかできないの?」

  • 途中で寄り道するかもしれないし、時には足を止めることもあるかもしれない。

  • 行き先は決まってるのかい?

  • 途中で進路変更しがち

  • 道がないところを進んでる気分。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
俯く << prev
next >> 肩ぐるまの記憶