ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

黒田硫黄 << prev
next >> ベクシンスキー

ゆとり教育

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 良い面と良くない面の双方があると思います。

  • 基礎知識と思考力を強化するというのは正しい考えだが、従来のやり方そのままで、時間と内容を削るだけだったので失敗した。そら、あかんわ。

  • 教育は本来家庭でやる事

  • 問題は結論を出すのが早すぎること。そもそも成績が上がったというデータもあるのに偏屈どもがゆとり=全ての諸悪の根源と決め付け、また詰め込みに戻そうとしている。おかしな話だ。

  • 初めの目的や方向性は「やっぱり」というくらい必然。それ以前に、現状になる事は受験戦争が始まった頃の親達のほうが長期的展望を持って危惧していた。でも、選挙の票取りしか頭にない政治家が意味を取り違えた上に短絡的な対症療法で引き次ぐから方向性が違ってしまった

  • ゆとり教育の成果は子供達が社会に出るまでは表れない。ゆとり教育をやめて学力偏重・暗記型の教育に戻しても、自分の意見を持ったしっかりした大人、世の中が望む大人は生まれない。って優しい校長先生が言っていた

  • ありがとうございます。学生助かってます・・・。

  • 「ハイ・コンセプト」という本をおすすめします。

×
  • 望んでこの世代に生まれたわけではない

  • 学校以外での勉強時間が増え、学力の差が大きくなる。勤勉な人にとっては良かったのかもね。僕は怠惰な生活を送りました。

  • 社会不適合者をゴキブリのようにウジャウジャ殖やしたかっただけでは?

  • 教える量を減らしたのが大間違い。時間を掛ければ理解できる事をさせなかった。ようやく見直されたが、ゆとり教育前と脱ゆとり世代に挟まれて、ずっと「ゆとり世代」と言われるのはある種気の毒。以前なら中学校で教わった事が、高校に先送りになり、結局高校で学習すべき事が終われないまま「高卒」になっている。

  • 余裕をもたせるのは確かに大事なことだけど、教えなければ何もしないという子だっていることをわかっていたのかな?

  • 理系教科は内容を増やした方がいい。最先端がどんどん難しくなっているので、大学と大学院が大変。あと、勉強は基本的に自習、自習で出来ない人だけ授業すればいい。

  • ゆとり教育をまともに浴びてしまった妹に接していると、あれが間違いだったことに気づく。

  • 愚民化に有効な手法

  • ちゃんとやればそれなりの成果をあげそうだったのに、教える側の能力不足と無理解からダメダメなった教育、だと思ってる。

  • 最強の愚民化政策。そして俺も愚民になっている。

  • 勉強がゲームみたいに嵌るものなら良いんだけどなあ、実際にはそんなに甘くは無いわけで……

  • ゆとり教育にする必要はあったの? ほんとなんていうか、誰の何の為だったの?

  • そのせいで習ってない部分があるのも分かってよ。もう振り回されるのは嫌。

  • 残念な結果になったね。ゆとり教育世代の人が理不尽に見下されるようになった。誰のためのゆとりなのか

  • 格差を作るもののひとつ

  • 何でもゆとり教育のせいにする輩が増えたのは正直目障り。

  • 下手なこと言える知識は無いが、本来これは間違いではないんじゃないかなあ。詰め込み教育が正解とはどうしても思えないんだよ。多分、本当はゆとり教育の方がはるかに難しいんだろう。

  • 申し訳ないが、これにはバツをつけざるをえない・・・

  • 学校の役割、ゆとりの意味を履き違えてる家庭が多いのも問題の一つだとおもう

  • 文科省は大変なものを盗んでいきました。

  • 名目と現実とが掛け離れてるね。

  • このゆとり教育のために、「総合」とかいう授業が増え、土曜日の授業がなくなり、英語の筆記体を教えなくなり、バカが増える。

  • いちばん振り回された世代です

  • ゆとりのなくなってきた社会に対抗して、ゆとり教育とは名ばかりの更にゆとりをなくす教育・・・

  • 宮台・宮哲によるゆとり教育擁護も無理があると思う。言いたいことはわかるけど。

  • 但し、これを非難しその責任を専ら教育行政に求めたがる人々の多くが、逆に曾ての「詰め込み教育」についても全く同じ論法で行政非難に終始していたりする。そうした人々は初めから自分なりの「望ましい教育」像というものを持っていない

  • 百害あって一利無し。強行した張本人は高校まで私学で、公立なんか「最低レベルの教育で充分、それ以上の事を学ぶなら私学に行け」という考えの持ち主とかなんとか。

  • 結局のところ愚民化政策になってしまっていると思います。

  • 直径の3倍は内接する正六角形の周囲に等しい。

  • ダメ。絶対。といいつつ,あたしはゆとり世代で楽してきたけどねん

  • 会社でおバカなことをしちゃったらゆとり教育の弊害がといわれたよ

  • 一応非該当なので。

  • 誰の為のゆとりだか??

  • ゆとりのせいにしたい馬鹿共が増えて困る

  • 「ゆとり教育」のせいにしたいんだろうな

  • で育った人間。あまり良いとは思わない

  • ゆとり世代真っ只中orz

  • ゆとりって・・・誰のためにあるかわかってないよね

  • やっぱ、若いときにできるだけ勉強しとけよって今思うなぁ。。自分たちのころはこんなこと言われてもいなかったし。

  • 学校は筆記体も教えてくれなかった。練習用のテキストは配られた。自分でやるしかなかった。

  • 以前に教育期を抜けた。

  • その頃ではない。

  • 一体何にゆとりが必要だったのだろう。

  • 脳みそがゆとりだらけ。

  • ゆる〜い人間の出来上がり

  • で、授業時間が足りなくなって夏休みを減らすってどういうことよ

  • 思いつき、行き当たりばったり教育改悪。

  • 所詮、上の方達の自己満足。現役の先生方や子供達のことを考えた施策ではない。

  1 | 2   next

回答したユーザ (201人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
黒田硫黄 << prev
next >> ベクシンスキー