ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

哀愁を感じる人や物(音楽や風景など)が... << prev
next >> 暇つぶしで始めた落書きが、相対性理論を...

(失敗した)理由を言え! → 理由を言う → 言い訳するな!

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • こういう人って怒鳴り散らして鬱憤晴らしたいだけなんだと思ってる

  • いるいる。辛いけど、気が済むまでしゃべらせるしかない

  • だから言いたくなかったんだよー

  • まあそうだけど、理由と考えた対策を言う直せるように努力するを言えば大体の人は納得するんでは?そしてご助言を頼むとなおさら良い。

  • これは、失敗の原因として自分はどの部分に責務があるかを言及していないことに起因。改める気持ちが無い場合に指摘する。

  • 小坊ん時のセンセーが良く言ってた

  • それはその言った理由についての苦言だもの。そんなんを理由にされては何も解決しないと思うってことでしょう。

  • これ小学校の頃ギャグとして流行った

  • 一応は理由をきいてくれるのね・・・

  • 理由の最後に「悪いのは私です。」「すみませんでした。」「以後気をつけます。」などを付けて締めくくりましょう。非を認めることで言い訳にはなりません・・・よね

  • 形式的に理由を述べさせてるだけで、結局は問答無用という姿勢なので、始めから理由を聞く気はなかったのしょう。よくある話です。

  • あんたの教え方が悪いからだ!・・・って言ってみたい。//あくまで自分に非はない事を言い通す。

  • 相手は怒りたいのだから、こっちは怒られ役に徹するのみ。あ、これ会社の上司の場合だけど。

  • 言い訳と受け取られることを避けるテクニックもあるはず。しょぼいスキルだが客を相手するにも使える

  • あなたの指示に問題あります。最初にいいましたよね? え?そりゃ言い訳でしょう。結果こうなってますよね。…という主旨を小だしに牽制すれば黙るか逃げる

  • だって理由を言えって・・次から黙りこんでじっと耐えるのみに・・・?

  • 理由と言い訳は別。理由とはその人自身の落ち度を認めること。言い訳とは外因のせいにすること。言い訳だとよく言われる人はいつも他の何かのせいにしてませんか?

  • 理不尽の典型例みたいな感じ

×
  • わけがわからないよ

  • 他コトに詳細先述。/このコト個人的にすごく勉強になった気がする。自分は「言い訳するな」と言われるのが超嫌いだから、「理由」の部分に実際には無かった”自分の非”を作って言う人間。でも最近それは改めたほうがよいかなと考えているところ。言い訳するな、と言われるとしてもそのまま伝えることの大切さもあるんじゃないかと。このコトを見てその気持ちをより強くさせてもらった気がする。中学の某先生は「そういう理由だったんだな」高校の某先生は(自分が喋るたびに言葉を遮り)「言い訳すんな」連発という方だった。後者に影響受け過たん

  • 軽~~く殺意が湧くね。どのぐらい軽いかっていうとオキアミ5匹分ね。

  • どうしろと

  • 成功の途中だから失敗じゃありません

  • あまり言われたことない。

  • 確実に言えるのは、「言い訳するな」の一言で済ますようならその"理由になってないという言い訳”の最悪例とどっこいってこと。

  • それは理由を言っていないから。「○○だったからです」で終わらせるから。「なぜ行動前に○○に気づけなかったのか」「そもそも、何をどう判断してその行動をしたのか」まで言及すれば「言い訳」とは言われない。

  • 失敗の原因を分析出来ない人はこうなる。そして同じような失敗を繰り返す。

  • 敗軍の将は語らず ただ去り行くのみ

  • 親からもよく「口答えするな!」って言われたっけ。

  • 要は何を言っても許さないって事ですよね

  • 毎日こういう怒号が飛び交っています

  • じゃあどうすればいいですか→自分で考えろ

  • 本当に理不尽。ただ怒鳴りたいだけだろ。「どんな理由があろうと許さん!」とでも言ってくれた方がいっそ清々しい

  • 理不尽じゃない? でも社会人はこんなもの。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
哀愁を感じる人や物(音楽や風景など)が... << prev
next >> 暇つぶしで始めた落書きが、相対性理論を...