ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

(○)衆議院総選挙(x)24時間テレビ << prev
next >> 「私ってMなのー」のMが実はマグロのMだった

死に関して、自分が消える事にはなんの恐れもないがそれに至るまでの苦痛が恐ろしい

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 走馬灯ってやつで嫌なこといっぱい思い出すんだろうな・・・

  • 耐えられないほどの苦痛に苛まれさらにその苦痛からの離脱が完全に不可能である、とするなら生きながらえるよりも速やかな消失を切望する事態は起こり得るかもしれない。

  • 楽に消えられるならとっくに

  • そのとおりです。苦痛イヤ。

  • 死ぬ時は周囲に迷惑をかけずにぽっくりと。

  • じわじわ系は嫌だ;;寝てる間にほよ~んと逝きたい。

  • 本質突いてますね。

  • しかし、多くの自分以外の人は、自分の苦痛よりも自分が消えることに涙するだろう、という皮肉な贅沢。

  • ほぼ病死だろうからね。

  • 痛くないのが良いな、やっぱり それまでのほうが怖い

  • 痛くない死に方なら全くOK

  • 死に至る生がこわいですね

  • うん。迷惑かけないで死にたいと思います

  • 認知症になってから亡くなると周囲には迷惑をかけまくるが、当事者は死に対する苦痛や不安がないまま死を迎えるのである意味幸せだと母の友人の老人医学の研究者が言っていた。

  • 特に事故死とかそういうのを考えたときにあばばばばとなる

  • それさえなけりゃいつでも死んでやるんだが。

  • それは言える。

  • 消えれば所詮それまでの人間だと思うので。

  •  ・・・死ぬことはやはり、よほどの恐怖と苦痛を味わいそうなんだろうなぁ・・・・・・。

×
  • 自分が消える事にはなんの恐れもない→×です。

  • 苦痛は嫌だが消えることの恐怖に比べたらまだましなのかも

  • いやいや、むしろ真逆。自分が消えていなくなるってのが一番怖い。異常な程怖い。なんのために生まれてきたんだろうって事を考えるくらいに凄まじく怖い。苦痛なんて、むしろあった方が生生しくて良いぐらいに思うよ。

  • いや、消えるほうが怖いかな

  • 消える事、苦痛ともに怖い

  • 苦痛が平気なわけじゃないけど、自分が消えることの方が恐ろしい

  • おぞましい死体になるのも、迷惑をかけるのも、親を悲しませるのもすべてがやっかいだと思いますね 自殺と思って回答すると

  • むしろ真逆. 自分が消えてなくなることを想像できないから恐ろしい

  • ぜーんぶ消えちゃうことの恐ろしさに比べたら、苦痛なんて。

  • よくわからん でも怖い

  • 分からん。苦痛を感じる前に死ぬかもしれんしなあ…。

  • 自分が消えることのほうが恐ろしい

  • 逆。消失の恐怖に比べたら、苦痛なんて。

  • 他人に不幸しか与えられない人間ですので・・・。

  • 今を精一杯生きればどちらにも恐怖を感じないと思う

  • 生きている以上、現在愛している人間を嫌いになってしまうかもしれない。 でも、死ね場合は永遠で止まるから死んでも全然いい。

  • 死ぬこと自体が怖い

  • 普通にどっちも怖い。大切な人がいるから、その人の周りから自分が消えることなんて考えたくないな。

  • 人一人消えたのになんの支障もきたさない世界が恐ろしい。

  • もし死んでから霊としてこの世に存在してしまったら見たくないものをたくさん見てしまうのかな。それは怖い。

  • 一度もしたことないことへの恐怖と、苦痛への恐怖

  • 思考ができないのは嫌だな。

  • どういう死に方するかわかんないしね。人生一度キリなんだ!余計な事は考えなーい(~o~)

  • 残ったものが気がかりだよ

  • わたしはむしろ逆で

  • 意識の消滅が一番怖い。

  • 眠るように逝けたらいいけど

  • 生老病死。 誰もが通る道なので。 苦痛も死んだら終わるんでしょう。

  • んなこた知らん。ガス死ならマシだろ。

  1 | 2   next

回答したユーザ (139人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
(○)衆議院総選挙(x)24時間テレビ << prev
next >> 「私ってMなのー」のMが実はマグロのMだった