ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

映画を一緒に観た人との感動を共感してる... << prev
next >> ぶぶ漬けを漬け物のことだと思っていた

周りの人や犬が死んだらどうしよう。

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • その時に考える

  • たまに思い出そう。

  • いなくなったらいやだよ

  • 156 *

    心が壊れそう。

×
  • 犬は市役所に届け出ればおk。人は、いろいろと大変だぁ(;o;)

  • 死ぬまでの過程がたいへん辛い。死んでしまったら何とかするしかない。

  • できれば忘れていたい「いつか」が来た(死に相対する)とき、壊れそうな気持ちを保つのが本当につらい。井戸の底で泣く・・・ことになる、多分。

  • どんなに覚悟していても想像の上でのこと。現実の喪失の悲しみはどうしようもない。でも耐えるしかない

  • どうしようもない。だから後悔をしないようにね。

  • 下のほうの皆さんの本気コメント読んだら書くことが無くなってしまった。

  • できれば考えたくない

  • それでも、生きる。

  • 哀しいけど手厚く葬ってあげるしかない。そして時々でも思い出してあげる。

  • どうしようって・・・死別は逃れられない出来事です。お疲れさまって見送るしかない。そう覚悟を決めれば対する態度も自然に変わってくる。皆さんが仰るとおり、持て余すのは悲しみより後悔を伴う自責の念です。

  • そのときはそのとき。

  • 考えてもしょうがないことは敢えて考えない。それより、後悔しないように生きてる間にベストを尽くすこと。実父が5年間の闘病の末亡くなりました。途中母も倒れたので私は二人分倒れて死にかけてまで看病しました。父はやっとあの世で楽になれたんだと思えるし悔いはありません。以来夫とは出来るだけ一緒に出かけたりして仲良くしています。

  • どんなに仲が良くても悪くても、人と人は必ず死別する。ペットもそう。「あの時ああしていれば…」なんて後悔をしないように日々を過ごすが吉。実父と愛犬の急逝経験からそう言わせて貰う。

  • 心の準備はしていてもペットロスのショックは大きい。身近な人の不幸は言うまでもないが。

  • 命は同じなんて頭のゆるいことは言いたくないが、場合によっては犬猫の方が大事なのは充分理解できる。しかし、であるからこそ同列に語るのを避けるのが大人。人であろうが犬猫であろうが心に秘めるべき。

  • 哀しみに沈む前に、段取りをしないといけない。全てが終わった後に、崩壊。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
映画を一緒に観た人との感動を共感してる... << prev
next >> ぶぶ漬けを漬け物のことだと思っていた