ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ヒュッテ << prev
next >> 鷺巣詩郎

障害者は養護学校へ行くべきだ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • わたしにトラウマを与えた罪はおおきい

  • 差別云々の問題はひとまず置いといて。身体・知的に関わらず自分の身の回りのことを他人にしてもらわないといけないような重度の障害なら受け入れ体制が整っている特別支援学校に行った方が良い。何かあったらどうすんのさ

  • 程度にもよるけどね。気持ちは解るけど「ウチの子は普通なんです!」に振り回された話を聞くとこちらにせざるを得ない

  • 障害者がどの程度の障害者なのかわからないけど。親が学校に来ないといけないような人は養護学校へ行ったほうがいいような

  • 普通の学校に行ったら傷付けられそう

  • 現状の障害者教育は少々アバウト過ぎる部分があるので、障害の程度に応じた細かいカリキュラムが必要だと思う。将来的にそれを行う為にも養護学校の様な制度は維持していく必要があると考えてます。

  • 学力やどの程度かにもよるが、基本的には○かと。普通学校には設備も無い。そして回りの子供の足を引っ張る場合が多いので。差別ではなく区別。

  • そうしたほうが苛められない。普通の学校にいる障害者の方は見てるだけで辛い。悲しい。

×
  • 行くべきっていうのがおかしい表現だと思う。特別支援学校(昔でいう養護学校)で働いている者として,これはいただけません。普通学校にも特別支援学校にも良い面があります。それぞれの子どもたちに合う学校に行けたらいいと思う。

  • 「年寄りは優先席に座れ、他の座席に座るな」と同じ口振り。だったら「隔離席」と呼べ。選択肢の拡大は権利の拡大にして、制限の設定に非ず。

  • 支障がなければ行かなくてもいい

  • 障害者もひっくるめて今の世がある。健常者にとっては、彼らを通じて、彼らと共存する術を学ぶ事が必要だと思う。

  • と言うからには共に学んだ経験があるんだろうな。

  • 障害者って言葉一つで無理に線引こうとしてる時点で、何も分かってない人の発言だと感じる。あと、とっくに養護学校とは呼ばなくなっている

  • 「べき」でもない。少しの不自由なら、充分普通学校で大丈夫。その人次第。ただ、寝たきり等重度を無理矢理普通学級へねじ込む保護者は困りもの。

  • ケースバイケース

  • 健常者が決め付けることが許されるわけがないだろう?本人の希望や能力を見極める必要がある。姉が聴覚障害者で聾学校に通ったが本人はこんなこと気にしたことがないと言ってた。

  • じゃあ行政に働きかけてくれないか。実際、本人のためにはそのほうがいいというケースもあるが、そうしたくても出来ない場合も多々あるわけで

  • 障害による影響、能力等を考慮した上で問題が無いのなら普通の学校に居ても問題ないと思う

  • わからない。けど、「差別」に過敏になりすぎると、妥当な判断ができなくなりそう。

  • 軽度の場合はその必要はないのでは?

  • 程度や内容を個別に精査すべき。

  • 普通でいい。障害者による健常者に対するブラックジョークにも怒っちゃだめだよ。逆もね。

  • これまでに日本はこのような従来の分離教育の考え方が障害者差別禁止条約違反だとして、国連から二度勧告を受けています。今の日本はその是正のために動いていますよ。SNSでも荒らしUserを面倒だからと言って周りが強制的に排除出来る裁量はありませんから、ね。//あら?

  • 施設が対応できないからという理由で入学したい学校を断ることが教育機関で行われてていいのか。何とかしようと考えたり実行することも教育のひとつなんじゃないかと思うから。

  • 行くべき、と言い切れる問題じゃない。

  • ニッポン人は皆フジヤマかゲイシャだ。…と言った方が解りやすいぞ。

  • それを判断する要素があまりにも多すぎて一概に決められません

  • こいつはこれをpostしたいがためにサブアカ作って200も無言回答したのか?

  • 障害者本人が希望していて本人にそれ相応の知的レベルや精神的成熟度があれば応援しようと思うが、最近のその手の話は親が世間体を気にして子どもや周囲の意向を無視して普通学級普通学級と騒いでいるようで嫌。#私は小学生の時に発達障害と診断されて、中学校は特殊学級(現在の特別支援学級)への進学を指示されたため、両親の意向で私立中学に進学しました。

  • そんなの程度問題個別問題に決まってら。

  • 確かに障害者にとっても養護学校の方が環境は整っているし、教師も専門の知識を備えたプロだから一般の学校に通うよりも負担は少ないかも知れない。そうは思うけれども、いわゆる健常と言われる一般の児童たちは障害のある人に触れる機会が殆どない。だから余計に偏見や畏怖を助長するんじゃないだろうか。一般の学校に通いたい人は行かせてあげられるようにするのが理想だとは思うな。蚊帳の外の意見だろうか・・・。

  • 社会でも隔離しないよう養護学校などなくせればいいが・・・

  • 実は障害者って実体はバラバラなのに受入先が狭いのが問題かも。線をひいたら種類と程度を問わずにってのが管理側からしたら楽なんだけれど、個人側からしたらやってられない事だろうとは思う。成績/適性/希望による選択が極端に出来ない状況は誰でもやだよ。障害者かどうかってだけでなく種類や能力や他の違う切り口で普通学校も含めて細かく受け入れ先が出来ればいいんだろうなぁ。

  • その方がその人のためだって、面倒くさがって逃げてるだけだろ

  • 障害って一口に言っても色々あるし、アスペルガーなんかは健常者に混じって学ばないと将来社会に出れないと思う。

  • 足が少し不自由だが、補助無しで歩ける人も障害者。手がなくて口で鉛筆をくわえて文字を書く人も障害者。カワイソウというのは、自分が優位であるという証明。何をもってして自分が普通であり、優れているというのか。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ヒュッテ << prev
next >> 鷺巣詩郎