ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

坂あがりが高校生までできんかった << prev
next >> わたしを月までつれってって

幸せとは主観的なものだ

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 好きなものを食べることが一番手っ取り早く幸せになる方法だと思う。

  • 至極。だって、幸せを感じるのは当事者でしかないわけだし。、、、。最低限文化的な生活、ができている人間の言うセリフなのかもしれない。

  • 周りから不幸だと思われても自分が幸せなら幸せだし、逆も然りなのです。

  • 自分の幸せも他人の幸せも全く分からない。

  • 何処かで歯止めをかけないと、永遠に幸福追求の途を彷徨う羽目に陥る。

  • 領域が重なったときが、本当に幸せなんだ。

  • そう思う。人から見てどうかよりも、自分が幸せと思えるかどうかが問題。

  • いうまでもなく。ネガティブな思考は努力で変えられるのに不幸に浸っているのは損。

  • 「旅行は旅である」程度に当たり前。ちょっと有難みが薄過ぎますな。

  • 人によって幸せの感じ方って違うよね。私はわりと小さなことでも幸せになれるほうだと思う

  • 「綺麗だねと皆に言われてても、お世辞かもと疑って幸せになれない人もいれば、特に何も言われてないけど幸せに暮らせている人もいる。結局幸せは自分が決めるんだ」的なことを飯島愛が本で書いてたらしいけど、まぁその通りっすね

  • でも幸せは過ぎてから気付くこともある。

  • 他人は当人の幸福を認識できない

  • それでいい。幸せはいつも自分のこころが決める。

  • 「あなたって不幸ね」「あなたって幸せね」等、人に言われてもココロに響かない。

  • たぶんね。

  • そうね、主観が弱い人はあんたって幸せね、あんたって不幸せね、て言われて自分の幸せについて考え変えたりするけれどね。

  • 自我ってのは面倒なものだよなあ。「わたし」という個体の生き死にに一喜一憂し四苦八苦するんだから。他の動植物はどうなんだろ?

  • あまり深く考えてないが、そうなのではないかと

  • それに対して自分の主観で口をはさむ第三者がいるのはいい迷惑。

  • それならいいのだが、世の中にはおせっかいで不幸な気分にさせる輩が多すぎる

  • 自分が幸せと思えるならそれでいい。

  • そうだな。幸せて思えるのて素敵なことだ。

×
  • 主観の中に幸せはないと思う。ちょっと考えさせて。

  • 「自分は幸せだと自己暗示でもかけてろ」この一言で不遇な人々に不幸を押し付ける事ができる。「幸せだと感じられないのは、お前の心の問題だ」この一言で、不遇な状況にも愚痴一つ許さない雰囲気を作り出す事ができる。それはそれは怖ひ社会の出来上がりです。 それにまぁ、他人がどう言っても自分の幸せを信じぬく事が出来るほど、人は強いものではないでしょう。蔑視一つで吹き飛ぶ感情を、幸せと定義してもいいものか。

  • これが主観的な考え方

  • そうなの?その辺を問うなら、そもそも「幸せとは何なのか」が気にならなくもないなぁ…っていうか判らない。

  • そうであるとしたら、主観的な感覚を敢えて言葉にして概念化するのは何故だろう?

  • 主観または客観+言い切りの形には必ずどこかにごまかしがある。こんな二元論「悪(≠邪悪)と正義」よりも胡散臭い。

  • 第三者から見て幸せそうに見える幸せも・・・?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
坂あがりが高校生までできんかった << prev
next >> わたしを月までつれってって