ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

方言で話されると通訳必須と思ったことがある << prev
next >> 撮った写真の総数は、5万枚を超えている(...

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 老人がもの凄い速さで棍棒を持って追いかけてきたから僕は必死で逃げたんだけどその老人が今度は口からミサイルを発射したんだ。僕はそれをどうにかよけたけど老人がいつの間にか背後にいて棍棒を僕に振りおろそうとしてたんだ。僕はもう駄目かと思ったんだけど親友の岡村君が現れてその老人を吹っ飛ばしてくれたんだ。あの時岡村君が助けてくれなかったら僕は生きていなかったよ。岡村君は僕の命の恩人だ。ありがとう!岡村君!この恩は絶対に忘れないよ!(これはフィクションです。念のため)

  • 桑田そっくりだったなぁ。いいバッターだった

  • ロデーズからの手紙

×
  • ひらがなの「ろ」は何故か上手く書けない

回答したユーザ
トラックバックURL:  
方言で話されると通訳必須と思ったことがある << prev
next >> 撮った写真の総数は、5万枚を超えている(...