ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

若さ故の朝立ち << prev
next >> 藤井尚之

「空気読んでない」と言いながら実際には空気を読んでいる人

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 読んでないようでも実はお腹が痛くなるくらい神経使いまくり

  • 寧ろ「空気読んでない」の方が言い訳。「空気読んで済みません」位の気分も。空気読んでんじゃねーよと腹が立つ事だって御座いましょ。

  • むしろ社会人としては当然

  • 「空気を読む」は空気に流されると同じこと。「空気を読まない」という意思/能力の持ち主でも空気に流されないことに常に失敗しないとは限らない。

  • 空気を読んで逆目に張ります。

  • 敢えて空気読まない、という空気の読み方

  • 空気を読むことに失敗したときの保険の言葉なんだよ。

  • 「お前空気読めよ」と言われるのを避ける為だと踏んでるが

  • 読んでるから言えることもあるし場もわかっているのだろうな

  • 空気読んで「空気読んでない」って言ってるんだよ。

  • 空気読んでない人は元々そんな事意識してないだろうから、言うわけもない。

  • 周りに気を遣ってる優しいインテリ人ならオッケー。

×
  • 本当に読めなくて苦労している人の立場からすると・・・

  • 自分でそう言っちゃうの不自然じゃない?

回答したユーザ
トラックバックURL:  
若さ故の朝立ち << prev
next >> 藤井尚之