ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

Get Along Together-愛を贈りたいから- << prev
next >> 森田剛

許せないのは? ○犯罪行為 ×犯罪者

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 許されるなら、したいこともあるよねぇ。たとえば、ぼくの場合、かわいい子をみつけたら、話しかけたり、タッチしたり、お金あげたり、一緒にごはんたべたり、バイクで一日中つれまわしたりしたいよねぇ。その場で交渉しても決裂するのがわかってるからできないし、同意であっても親が怒って警察に行くからできないよねぇ。親にもお金あげたらなんとかなるのかなぁ。親にやる金ないわ。もったいない。

  • 基本こっちかな。×だとなんだか、犯罪者の何もかも、正当な行為まで許さないというイメージがある

  • 犯罪者を消してもいま無罪な人がまたいつか犯罪を起こす。だからまずは直に犯罪を憎むのがよかろうと思う。その上でそれをやらかした人間を個人的に許さないってのはある。

  • 自分の過ちを償えればいいと思う、小室さんがまた音楽活動出来ると信じているので。

  • あくまで刑法の観点から述べます。×の考えも昔はあったのですよ。だけど、ほんの一部の国を除いて廃れてしまった。では、新派がなぜ廃れたのか?調べてみよう!!

  • 僕が僕でない他のユーザだったら「をかのみなとさんは○に並びます」と予想をコメントするコト。

  • 誰も彼も被害者にアイデンティファイする必要はない。第三者には第三者の役割がある

  • 犯罪者になら何をしてもよいという考え方は頂けない。犯罪者を殺せば殺人罪、犯罪者に怪我をさせれば傷害罪、当たり前のこと。

  • ○あっての×。犯罪者の何が憎いかって言ったら其奴のしでかした犯罪行為ではなくて?犯罪者を犯罪行為とは関係ない部分で非難するのは筋違いにも程があると思ってるところもあるし。

  • 出来るかはともかくかくありたい。○で留まれないときにそれを恥じる感覚は持ち合わせていたい。その犯罪者の持つ属性自体を攻撃する権利を得たなんて勘違いは絶対にしない。それら全てが決壊したとしてもそれはあくまで自分個人の問題だということだけは死んでも忘れない。

  • 犯罪行為が先にきてから、犯罪者になるわけなのだから、行為自体がまずは悪となる。 あとは、犯罪者となってからは、犯罪理由や付加要素などで、その人自体に対する意見が変わる可能性は充分にある。

  • 間違った行為に対してではなく、人そのものを頑として許さないという硬直した社会は北朝鮮と何ら変わらない。

  • まあ、いろんな犯罪があるし。

  • 犯罪行為そのものを許すという行為は神の領域だ。できるかどうかは別として相手が人であれば可能性はある。

  • まず行為が犯罪として規定されて、それに抵触した者が犯罪者と呼ばれる。だからまぁ、こちらでしょうね。というか、これが規定されない限り犯罪者などいう者は生まれない。罪刑法定主義の原則。

×
  • 飲酒運転や身勝手な動機の通り魔による遺族なら、そいつを自分の手で裁きたくなると思うよ。コトノハの荒らしが更生してもたぶんPOSTはスルーする。

  • 少年強姦や万引きを嬉々として自慢気にpostし、それらをはじめとする多数の前科を棚上げしてふざけた事をぬかす両津ゴミキチは絶対に許さない

  • その人の存在自体が(その罪と)同罪でっせ!!

  • 「事を見るな、人を見よ」の好事例。行為の主体は人。

  • はっきり言ってどっちも。だから選択に迷う。

  • もちろん犯罪行為も許せないけど犯罪を犯す人はもっと許せない

  • 故意にやってるのなら、こっちになるかな。

  • 理想は○。実際にそういう人がいる。

  • 罪を憎んでも犯罪はなくならないよ。

  • 犯罪行為そのものを処罰できない。ガス抜きにならない。俺はそんないい人になれないし、なりたいとも思わない。

  • 許せる犯罪もある。たとえば義賊。許せない犯罪については、犯罪行為=犯罪者として許さない。

  • 液晶画面越しの入力で○をつけるのは簡単だが、もし自分の恋人がレイプされ殺されて裁判で「ドラえもん~」などと発言した時に今と同じ感情を保てるほどオレは立派な人間ではない。

  • いきなり知らない人に殴られたらその人を憎まない奴はいない。○は理想論

  • 実際に被害にあっても○で居られる人ってのは逆にどこか回路がおかしいと感じるけど。

  • いやいやいや、人がいなけりゃ行為なんてないわけでして…「〜が許せない」は客観的かと。「あいつが〜をしたから、あいつが許せない」です

  • 取り敢えず憎悪の矛先は加害者に向けられるだろうし

  • 34歳無職の共産ババアは犯罪分子

  • 行為は単体ではない。人がいて成り立つ。

  • 罪を憎んで人を憎まずが適用する範囲によるけど。

  • 犯罪を犯す者がいなかったら犯罪行為なんて言葉はないだろう?

  • その人がいなければ、その行為もなかったはず。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
Get Along Together-愛を贈りたいから- << prev
next >> 森田剛