ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

平和的解決 << prev
next >> まず初めに、驚異的なアクセス数と多大な...

人を挑発したり口撃する場合は逆上した相手に殺害される可能性を覚悟の上でね

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 目には目、歯には歯ですね。いいでしょう…

  • まぁそういう時代かもですね。

  • 自分が言われる側なのは、やり返してこなそうな奴に見えるからか? ほほぅ…

  • 逆上しそうにない相手を無意識に選んでやしないか、と思わされました。自己嫌悪。×は付けられない。

  • 世知辛い世の中になったもんだ

  • そのギリギリを楽しむタチの悪い人が多くなってる時代・・・?

  • 可能性としては・・・・・・・・

  • 面と向かってする場合はそうだと思う。でも、ネットだとその危険性が回避されるので攻撃的なことを言いやすいと思う

  • ただし、口撃と論議を取り違えられる方が多いもので

  • 貴様、いい心掛けだな

  • 杞憂だと思いたいのは山々なのだが、そういう可能性が「全く無い」と云い切る自信が無い//設問内容は極端だろうけど、要は「自分の『表現』には最後まで責任持て」ってこったろ。

  • あらゆる可能性を考えたらねぇ・・・。

  • 相手の様子とか素性がわからないだけに怖いかも。コトノハでも例外ではないのかなぁ。

  • 極論すればその通り。配慮しても限界はある。時代は関係ないし、感情に任せた愚行を擁護するつもりもない。

  • 挑発や口撃以前に単なる注意や指摘でも刺されかねない世の中、ですって。まあインターネットならそんな心配ないから有る事無い事書き連ね放題。それが良いか悪いかなんて私のおつむでは導き出せませんわ

  • そういう事件多いからねー。そういうリスクを考慮せずに調子こいてるやつも悪い

  • たとえ理路整然とでも相手に逃げ場がないように追い詰めた結果そうなることもあるからなぁ。

  • だから普段はなるべく穏便に済ますようにしている

  • 自分が挑発のつもりでやっているのであればね

  • 職場にいたホモの変質者はちょっと刺激するだけで暴れる男だったわ 既に人を殺しているかもしれないが報道されてはいないようだ

  • コトノハではそういう覚悟でコメントすることも

  • オレが小学校低学年の頃に、近くの幼稚園の祭りに行って、欲しいアイスが買えなくて、なぜかかなり泣いたことがある。「ドリル持ってあの幼稚園ぶち壊してる。皆殺し。ぶち殺す。絶対ぶっ殺す」とブツブツブツブツ。結構何日も覚えていて当時は執念深かったのかなあと。感情や気持ちが一人歩きしてヒステリック起こすのかね。

  • まあ、そんな事をする人は覚悟なんて無いんですけどね

  • 冗談抜きに今の時代そういうことするならそれくらいの覚悟を持つべき

×
  • そんなことを怖がって、言いたいことも言えない世の中ってどうよ。

  • それはヤクザのロジックだ

  • 挑発はしないが思うことがあれば反論、反撃はする。残念ながら、もうあまり怖いものはないんだ

  • 「殺害」かぁ。嫌な時代になったもんだ

  • 前頭葉の弱い人が異常

  • そんな世の中になってしまったのですか…(´・ω・`)

  • そんな事考えてたら言いたい事何も言えなくなっちゃうよ。

  • 口撃って面白い言葉だね。

  • なら他人に対して何が出来るってんだ。

  • いくら挑発されるのがいやだからって…。

  • イラっとするときは、まずセロトニン欠乏を疑う。金持ち喧嘩せず。短気は損気。

  • 友達のスーパーハカーがにっくき相手の住所氏名を割り出してくれるんですね。わかります。

  • ネットの場合は、一体どうやって相手の匿名userを絞り込むのかなと思うけど・・・。

  • バックに893が付いてるとか息巻いてた人がコトノハにもいましたねそういや(遠い目

  • いやいや。軽い気持ちでおkおk。命と精神的苦痛(笑)なら、前者の方が遥かに重いので。

  • テーブルなどのハザードを挟んで、場所をセットして挑発するのだ。孫子_地形編にあったかは忘れた

  • 証拠物件をあげて相手の有罪を立証。

  • そんな可能性を、いつも覚悟してなきゃならないのか…そんなのおかしすぎる

回答したユーザ
トラックバックURL:  
平和的解決 << prev
next >> まず初めに、驚異的なアクセス数と多大な...