ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

脳みそで思い浮かぶことは現実化できる。 << prev
next >> 誕生日前だけ急に近づいてくる同級生

悟りとは欲得や憎悪嫉妬心などを ○飼い慣らしていくこと ×捨て去ること

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 本来は×なのだろうけど自分の場合はこっちかもしれない。

  • 完全に捨て去ることができるとは思えなくてね

  • うーん、、自分の心の中の部屋に、色んな箱が転がってて、その箱には憎悪とか嫉妬とか平常心とか、表書きしてあるんだ。その箱を積み上げたり、角度を変えたり、表書きが見えないように並べたり。「悟り」っていう状態って、ずいぶんすっきり並べられた部屋なんだろうな。(という想像をしたのでこっち。)

  • 難しいなぁ…

  • 一考の余地も無くこちら。廃絶から事象を対比させ神髄を語るなんざ可笑しな話ですよ。

  • 減らす事は出来てもゼロにはならないから、減らして心に納めておく

  • 捨てるよりも感じてからの回路を変えた方が応用が効くから。

  • 人と云うものは身を切ろうが焼こうが煩悩は無くならんのだ。何故なら痛いも痒いも苦しいも全ての感覚は煩悩なのだから。。。と私は思う訳ですがw

  • 無くなると生き抜くことが難しくなる そんな事を学んだ長い半年間だった

  • うまく付き合うことの様な気がする

  • かつて釈迦は苦行を続け死にそうになるまでやって悟りを開こうとしたが、そんなの無駄だって気づいて悟りを開いたw

  • 捨てるという形容からは、持ってる俗人の悩みが分からなくなる、一旦捨て去ってもまたこびりついてくる、といった印象を受ける。まあ正直なところ、こっちであって欲しいという個人的な願望だな

  • 悟った人は捨て去ることは不可能だと気づくんじゃないかな

  • *

    どうでしょうか皆さん

×
  • 徐々に飼い馴らしていって、最終的にはゼロを目指すイメージ

  • 両方関係ない気がする。全てを理解することだと思ってた。

  • 捨てたというか自分の中から消えていった

  • 俗世を離れた聖人なら×、俗人は○。 次元の高低と言うよりは、後者の方は実生活に巧く適応しているのだと思う。

  • つまり死によって実現する。死ぬことを「成仏」と言うが、中々的を射ていると思う

  • こっちの方が正しいような気がする

  • とりあえず諦めること。

  • 自己を認めるのでも煩悩を捨てることでもなく、トランス状態におちいるまでひたすらぼんやりすることが悟りの近道であり、そこでの閃きがいわゆる悟りなのではないか。とか思ったりする。んで悟ったときにはすでに煩悩とかそういうもろもろにはとらわれなくなっているという塩梅

  • 捨て去るというよりは、充分に人間の欲や善悪を理解をした後で、心を無の状態にいつでもする事ができ、客観的にいられる事かな。   本当に心が無くなってしまえば暖かみのある人間らしさがなくなり、その人らしさが失われるかと。

  • 無欲無心だけが「悟り」とは思えない。

  • とりあえず仏教入門書でも読んだらいいと思うよ。

  • 悪いんだけど、どう見ても悟りがどういうものか全く知らない人のPostとしか見えない。どうしてこんな思いつきでネタにもならないPostをしてしまうのか。Post者が悟りを開くことは永久にない。

  • 飼い慣らす程度ならみんな悟りを開いちゃうんじゃないかな。

  • ○だとしたら自分は既に悟りを得てる。

  • 飼いならしつ、捨てつ、というところ・・・違うかな

回答したユーザ
トラックバックURL:  
脳みそで思い浮かぶことは現実化できる。 << prev
next >> 誕生日前だけ急に近づいてくる同級生