ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

出版社に小説を書けと脅されている私 << prev
next >> 電話で「わたしわたし!」と言ったら不審...

主観的に経験する現象を現実として規定する主観で、現実を他者と完全に共有する事は不可能

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • なんとなく箱ねこを思い出した。

  • ひとりひとり感じ方が違うからきっと面白いんでしょうけどね。

  • なぁ、赤って本当に赤だと思うか?

  • あの日君と二人で見た夕焼け 君は綺麗だといった 僕はその横顔をずっと見つめていた うんくさい なんだこれ 完全に共有できないとしても同じ時間をすごしていればいいんじゃないかなとか思ったりしてる間にカツカレーおかわり!

  • そりゃそうだろうけど、誰だって殴られれば痛いだろう。そこを何とか折り合いつけていこうか//moccoさんのコメントが一番現実的だと思った

  • その「現実」とやらが胡蝶の夢かもしれないと云う可能性については?

  • 自分の感じる現実と他人の感じる現実は同一のものではないということなら○、かなぁ。人間の脳も並列化される時代が来るかもね(それ怖っ。)

  • 文章表現はともかく、言わんとすることは分かるのでこっちにしとく。今更な 話ではあるが。

  • と思うけど検証できません

  • 自分と他人では置かれている境遇が違うのでお互いに共感を覚えることはない。

  • 要するに自分が感じているものは人とは別物ってわけですね。そんなわざわざ難しい言い回しされたら困るわー

  • 同じ現実を完全に共有しあう事はできない。そこに残るのは、同じ現実ではないという事だけ。 もし完全に共有できたなら、つまらないかもしれないし、また別の観点が見えてくるかもしれないし、それはそれで興味深いと思ってしまう。 //鶏肉さん、それは私も同じ事を考えてました。そして、本当は夢幻ではなかろうかと。でも現実に意識と身体が合致してる中で現象を体験しているのか。

×
  • 脳髄はものを思ふに、ものを思ふにはあらず・・・

  • ねぇ、1+1は?或いは、目の前にリンゴを置きました。そしてその色を二人の人間が見たとしたら、その二人は何色と答えるのか。 前者は答えを知っている者同士なら2と、後者は色覚が正常な者同士なら同じ色を答えるでしょうね。可能です。

  • お題目が支離滅裂。

  • 文章の中に「完全に」とか「絶対に」とか入っている場合はほぼ間違ってる。/脳科学からアプローチしたら主観は共有可能かも。あとひとつの脳を共有してるシャムの双子とか。

  • そもそも主観などというものが本当に存在するのか? 我々は星新一のインナースペースの住人に過ぎなかったりしないか?

  • ニャーン…

  • すみません。持論はブログでどうぞ。ここは○×をつけて楽しむサイトですぉ!!

  • 「間主観的に共有されている」で大枠間違ってないだろう。それ以前に、ぶつけたら痛いし怪我もするって以上の認識なんかいらない。

  • 主観的に、までは読んだ。

  • 俺なら「主観的に経験する現象を現実として規定するならば、現実を他者と完全に共有する事は不可能」にする。

  • 読んでも意味がわけワカメ

  • このコト自体も主観的であると言わざるをえない。「現象の規定」よりも「完全であるかどうか」、「可能であるかどうか」という判断の方が主観的要素が強いのだから。

  • 君にはフッサールの初期文献を一読することをお勧めするよ。あと「現実」という言い回しを多用するのは余り哲学的とは言えないな。あとマハリシ等やそれ以前の神秘主義の古典(マハリシは別に古典じゃないが)読むといい。そんな即物的な思考をする余地は無くなるだろう。

  • 現実が完全?で共有しなければならないもの? 通常私達は共に観測または理解できる範囲に限定してこの言葉を使ってる筈。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
出版社に小説を書けと脅されている私 << prev
next >> 電話で「わたしわたし!」と言ったら不審...