ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ダブルミーニング << prev
next >> 悪平等

脳死=人の死

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 私はそれでいいけど、家族がそうなったらわからない

  • だと自分は捉えています

  • そう思う・・・としかコメント出来ない

  • 人工心臓が普及すれば心臓死という概念では追いつかなくなる。脳死にもいろいろと問題はあるが、生と死の間にどこかで線を引かなければならないとしたら一番マシなやり方ではある。根源的な問題は、「生と死は連続したプロセスであり、線を引いて分けることなどできない」というところにある。

  • 完全な脳死と断定出来るならそうだろう。

  • 心臓だけ動いていても、生きているとはいえない。

  • 脳死=人の死であると定義すればそう

  • 人が死ぬのは一度だけだと思うけど・・・法改正の事を考えるとこちら

  • 自分の意思としては死んだものとしている。臓器提供意思表示カードの裏面もちゃんと記入し、財布に入れて保持しているので自分の死を有効利用してもらいたい。

  • 実質そうだと思う…。

  • 判断基準の問題は別として、本来の脳死の定義の通り脳の機能が完全に停止して回復不可能であれば死とみなすべきである。Post者は脳死そのものと脳死の判断基準の問題を混同している。

  • 少なくとも自分は、心臓が動いてるだけの状態を「生きてる」と呼ぶ気は毛頭ない。

  • 脳の動いてない肉体なんて抜け殻じゃん

  • 心臓が動いてるだけで生かしておいてほしくないな

×
  • 身内の死を経験してこちらに傾いている。原則は○でいいんだけど彼の死を誰がどう受け入れるかという事に重きを置いて、その状態になるまでの過程も含めて個別に考えたい

  • 脳死状態とされた方でも親しい人の呼びかけに反応して涙を流したりした例などもかなりあるので、一概にその時点で「死」だとは割り切れない。

  • 心臓が止まったときが死でしょう。

  • 心臓移植を受けた人が、故人の記憶を夢に見るという話も聞くし、脳=人格の全てとは言えない気がする。「脳髄は物を考える処にあらず」という考えもあることだし。

  • 脳死判定された人が復活した例もあり、脳はまだ完全解明されてない部分が大きいから簡単にそうは思えない。

  • 普通はそれでいいけど、例えば心臓移植を待っている子供を持つ医師が下した脳死の判定とかってどう思う?

  • 鼓動が続いてる限りは、生きていると思いたい

  • 人間は物理的に死んだときに死ぬのではなくて、人の心から忘れられたときに本当に死ぬんだ、ってエロい人も言ってた。

  • 脳死と言っても心臓は動いてるし、体だって温かい。実際介護している家族のことを考えると簡単に死んでるなんて言えない

  • 自分の事ならそれでいいんだけど、他の人の場合は・・周りの人がそれでも生きていてほしいと望むケースもあるだろうので、一概にそうとは言えない気がします。

  • 個人的には死と思わない。あと、もし有力者の身内とかが臓器待ちなら脳死判定を悪用する医者が居てもおかしくない。基準があってもいくらでも誤魔化せるからね…

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ダブルミーニング << prev
next >> 悪平等