ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

花言葉は「スーパーサイヤ人」 << prev
next >> 彼女と一緒にお風呂に入っていて、彼女が...

記号を覚え、数式を組み立てることによって、僕らは大好きだった不思議を排除する

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • すごく分かるなこれ

  • そう、でもそうなるのが不思議の運命。でしょ?不思議のまま放っとけないでしょ?

  • そしてたまに(・з・)あるぇ~?

  • この「僕ら」に自分は間違いなく入ってる

  • 記号を覚え、数式を組み立てることによって、僕らは大好きだった不思議を排除し、記号を覚え、数式を組み立てることを大好きになる

  • 犀川創平の台詞なのは覚えてる、とだけ。元ネタに縛られてるが故に何も思いつかなかった。

  • そうしないと、新しい不思議が見つからないからさ

  • ていうか大嫌いに…,は俺の場合で,数式にすることで理解に変えて,それを大好きにすればいいんじゃないか

×
  • 数式によって不思議が排除された経験がない

  • 不思議を好きになることは多々あるけどただ不思議だから好きになったんじゃないよ。数式を組み立てたり解いたりして不思議を排除したと思ったことだってない

  • 目の前の画面の向こう側にも不思議がいっぱいある。

  • 私は不思議が好きなわけでは無い。不思議の解明に立ち向かう人間の所為が好きなのだ。

  • 俺はあらゆる不思議を排除したいのだが。っつーか不思議が嫌い。

  • あたまくらくらする

  • そして新たな謎が生まれる。その繰り返しで我々は進化する。

  • 再現できる表現力が存在することは示したと思う

  • 不思議を排除したと思ったらその倍以上の不思議が帰ってくる不思議

回答したユーザ
トラックバックURL:  
花言葉は「スーパーサイヤ人」 << prev
next >> 彼女と一緒にお風呂に入っていて、彼女が...