ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ミキサーが家にあるけど全然使っていない << prev
next >> 他人の歩幅に合わせることがある

どっちがムカつく? ○上級者の「調子が悪い」 ×初心者の「俺天才じゃね?」

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • ×は自分でもネタで言うけど○はイラっとする

  • ×は後々勘違いだと思い知るだろうけど ○は分かっててやってるから色々とウザい

  • 「へー93点!すごいねー」「あー今回俺調子悪くて7点分落としたわ。全部ケアレスケアレス。調子悪かったわー」

  • ガチ勢のエンジョイ勢発言

  • その首かしげはなんなんだ!お前の普段やその時の調子などどうでもよい

  • これはムカつく。×の方はまあ許せる。

  • 音ゲーとか室内競技とかの自称中級者(謙遜)のリアクションはかなり薄ら寒いものがある

  • 人並み以上にできるんならもう少し言い方考えろ

  • ×ノリはアリだと思うw

  • 貧乳な人が「私あるもん!」って言うのはまだいいけど、巨乳な人が「そんなに大きくないよw」って謙遜するのは腹立つ。それと似た感じがする。

  • お調子者は嫌いじゃない

  • ×は自信にもなるし、これからの向上にも繋がる。天狗になっている場合だとしてもまだ初心者なのだからいずれ気がつくことができる。◯はただの言い訳にしかならない。

  • 初心者の戯言はスルーすればいい話だが、プロの失敗は言い訳すべきでない。

  • 誰が見ても完璧な仕上がりなのにこれ言われたら、シーンとなりそう

  • 言い訳かっこわるい

  • どっちもムカつかないけど、事前に「自分上手いよ」的な事を言われていた場合反応に困るという意味で

  • ×のほうも、何度も言うならウザいけど。

  • ×はよくある。けど、ある人が言うのを聞くと×でもいらいらする

  • 格ゲーやってるとこっちをよく聞く

  • ×は周りでネタとしてよくある

  • ×はネタとして受けれるけどこれは

  • できないんだったらできないって認めちゃえばいーのに。

  • ×はよくあることだよ

  • いいわけすんな 初心者はまだかわいいけどねー

  • こうゆう人は面倒くさい。

  • ムカつくって程ではないですけれど… 上級者なら、たとえ本当に調子が悪くても、それを口に出すのは格好の良い事ではないと思います。

  • 初心者の勘違いは誰でも起こる自然現象。ってか「調子悪い」って言う奴はそもそも上級者じゃねーよ。

  • こっちは言い訳だから。×の方は本当に天才かもしれない。

  • ムカつくというかこっちのがカッコ悪いから。×の方はかわいいじゃん。これから苦しみを知るんだなと思うと、まあ最初くらい言わせといてやるか、とか

  • ま、悔しがってると解釈してあげましょう^^

  • たぶんこっち。

  • うっせぇよー!人よりは出来てんだからいいだろがぁー!

  • ×はなんかふざけてる感じが楽。

×
  • どっちも聞き流すので何とも思わん^^

  • どっちもムカつかない

  • 自分のプレイをどうこう言ってる分には別にー。他人のプレイを批評する部外者はムカつく。

  • どっちもあまりムカつかない。プロでも不調はあるし。中級以下の調子悪いはただの言い訳だね。

  • 俗に言う「俺tueeee」が字面だけで感じ取れるのは私だけだろうか。その一方、上級者とてスランプはつきものだ。

  • 頭悪そうなイメージ

  • 勘違いも甚だしい。

  • うーん状況によるよね

  • あーはいはい、あんたは天才、私は凡才っと。

  • どちらも特になにも

  • どちらも、この字面だけでは癪には障らない。その場に居たらどうだろうね。

  • どっちもムカつくけど、こっちのほうが更に。

  • いや調子が悪いときもあるだろうて・・。言い訳って・・・。

  • あとで挫折フラグ。

  • 努力もしないで一人前になった奴なんて居ないし

  • フリーセル勝率88%だが、調子が悪いときは80%を切る。たんに何も考えてないだけだが。

  1 | 2   next

回答したユーザ (180人中、最近の100人を表示)
回答したユーザ一覧
トラックバックURL:  
ミキサーが家にあるけど全然使っていない << prev
next >> 他人の歩幅に合わせることがある