ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

ときどきダークサイドが出てくる << prev
next >> 前歯のない人が怖い

○積極的優生論 ×消極的優生論

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 優勢論を唱える奴が消極的とかありえない

  • 底上げというか、将来的に1人立ちできず、何かしらの援助をされないと生きられないのなら自然淘汰の代わりとして有りだと思う。…実際に弱者と呼ばれる子を持つ親がつぶやいた『うちの子も本当ならもう、おしゃべりしたりできたのに…こんなふうと解っていたなら堕ろしたのに…』と、辛そうに言っていた母親が居たけどそれは本当にそうだと思う。弱者に優しくとかの善意論理だけでは片付かないよ、実際…。この手の意見あると釣りに思われるのはなんでだろう。真面目な意見と感じます。

  • ×だと弱者切り捨てを正当化することになるので。平均点を上げるということで例えると、上位だけを伸ばして引き上げるのが積極的で、足を引っ張る下位を排除するのが消極的。全体を底上げするという発想はないのでしょうか?

×
  • 優生学を取り入れ、選別し、遺伝子レベルでエリートを見つけ教育するのは国家として至極当然のこと

  • またいじけたことを。まだいじけてない人間の足を引っ張りたくて淘汰淘汰と説いてるんじゃないのか。

  • 誰が相応しいと見なすの?社会?独裁者?法律?

  • ヒトラーを連想する

  • まあハッキリ言って積極だろうが消極だろうが「優生学」を人間が完璧に実践することは出来ないだろう。そういう意味では実益無き議論だな。あと消極の方に関しては弱者切捨てに都合の良い口実を与えるだけ。そんな風に実現する社会では「試練を乗り越えた先の高き幸運」は訪れ得ない。

  • 子孫を残すに相応しいと見なされた者がより子孫を残すように奨励するのが「積極的」、子孫を残すに最相応しくないと見なされた者が子孫を残すことを防ぐのが「消極的」。社会が競争を強調するのは自然淘汰の理論の下に後者の考えがあるからだ。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
ときどきダークサイドが出てくる << prev
next >> 前歯のない人が怖い