ようこそ ○× ソーシャル 「コトノハ」へ!

コトノハは、色々なコト(キーワード)について、みんなで ○× で答えていく、新感覚のコミュニティサービスです。
あなたはまだコトノハにログインしていません。 ぜひコトノハにログインして、○×の世界をお楽しみください。

コトノハのトップページへ   |   新規ユーザ登録はこちらから

コトノハ

コトノハにつけて欲しい機能がある << prev
next >> インフルエンザ対策でマスクが品切れ。心...

何でも競争で優劣つけて格差や差別を作るのに疑問を持ったら共産主義ですか?

○
×
  • * Googleで検索
  • * ランダム[ r ]

コメント一覧

○
  • 共産主義は適者生存の自由競争を否定している。

  • サヨクも含めた負け組の詭弁w サヨクは能力がないから競争で弾かれるwだからこそサヨクはあらゆる競争を否定するw

  • 競争第一主義や格差社会に批判的なのは共産党やその支持者という馬鹿ばかりじゃないか。競争以外に格差や順位をつける方法が他にあるかね。確かに僕は競争から落ちこぼれた童貞だけど、それは競争力がないという自己責任だから文句は言えないんだよ。

  • ×でもいいのだけど、日本人は共産主義の悪い所だけを際だたせているのも確か。というか日本は共産主義をうまく取り込んだ社会だったのだけど(過去

×
  • 何でもかんでもイデオロギーの話に運びたがる向きは何主義なんだろう。 // 「一定のルールの下での」競争(シンプルな例:学力試験や運動会で成績を評価する事)を否定する者が、それらを排除した果てに願望する世界は、「ルールの無い」無秩序な闘争状態。答は「共産主義ではなく、アナーキズム」だ。

  • いわゆる指導者になって甘い汁を吸う野心を持つ者が共産主義者

  • 差があることが問題なのではない。全く同じ人間は存在しないのだから、競争の有無にかかわらず差があるのは当たり前だ。問題はその差でもって”人の価値”を測ろうとすること。

  • すこしは本を読みなさい。定義自体間違っています。また格差と差別は構築されるときのヒエラルキーの構造の根本が違う。短絡的というよりは丁寧な見方が必要。新たな思想も必要。それには模索する日々も必要。ボランティア(本来は義勇兵の意味)でもすれば内情もわかるよ。

  • 何でも競争&国が助けないとなると大多数の人は貧乏になる自由しかなくなるかもね。

  • 共産主義のほうが格差がひどかった。金どころか人権すらろくに与えられなかったんだからな。それゆえに格差を是正しようという人間は共産主義も嫌っていることが多い。

  • ちがう。何でも自由競争が許されるならケンカの強いヤツが路上でカツアゲするのも許されてしまう。そして、それはすべての国で違法行為であるだろうから、すべての国は共産主義という結論になる。実はみんな自分に都合の良い自由競争を望んでいるのだろう。原理主義的な共産主義を目指す人たちも、貧乏人を味方につける技術と権力闘争に長けた人たちではないか?共産主義というのは社会モデルの一つと捉えるべきで教条主義的に実行するのが良くないのだ。

  • 共産主義を勘違いしているような。

  • アレルギーはあるのに一緒が大好き。謎だね。

  • 競争そのものを全否定するのと勘違いしてないか?

  • その疑問の解決を共産主義に求める、という傾向は確かにあるが

  • それは単にへたれなだけじゃないんですか?

  • 一時期話題になってた徒競走で優劣をつけない為に一列になってゴールさせるというやり方には力いっぱい馬鹿なの?と言いたいですが。

  • 個人が自分の境遇に対してものを思う事を思想や主義とは呼ばない。そうした疑問に対して、の解決を社会体制の変革に見出さない限り。

  • 言うまでもないことだ。

  • 「ブルジョアジー共をやっつけろ!プロレタリアート万歳! 」

  • 自分の所行を正当化したい→理由見つけない→相手に汚名を着せバッシング→相手が悪だから正義がこっちのほうにある というバカな考えだ。

  • はい、私も理解できませんが、しかしそれにしてもこれはあまりにひどくないか?

  • 競争至上主義や格差や差別を批判=平等を望む=共産主義(→日本では非国民という意味合いにもなる)っていう短絡的発想がなぜそうなるのか理解できません。

回答したユーザ
トラックバックURL:  
コトノハにつけて欲しい機能がある << prev
next >> インフルエンザ対策でマスクが品切れ。心...